2年間で150億通のスパムメールを送信していた組織を摘発 - 韓国

 

2年間で約150億通というスパムメールを送り続けていた業者が摘発された。

韓国政府の情報通信部と韓国情報保護振興院(KISA)は26日、慶畿地方警察庁 サイバー捜査隊と共同で、スパムメールを大量に送りつけていた大規模組織を摘発したと発表した。

今回摘発されたのは、広告主から依頼を受けて広告メールの送信代行を引き受ける仲介人と、実際にスパムメールを送っていた11人のメール送信者だ。

その仕組みは、最初に仲介人が運営しているWebサイトを通じて広告主からの依頼を受けると、同じく仲介人が運営しているWebサイトに登録している専門のメール送信者が大量に広告メールを発信するというシステムとなっている。ちなみに今回摘発された業者が発送したスパムメールは、韓国国内のネットユーザを対象としたものだったという。

問題はこの広告メールを送りつけられたメールアドレスが、その持ち主に無断でさまざまなWebサイトから収集されたものであり、本人が望む・望まないに関わらず大量の広告メールが送りつけられていた点にある。

韓国ではこうした行為が「情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律」に違反することとなる。

にも関わらず、送信者は各自が保有しているメールアドレス・データベースなどを利用して、多いときで1人1日、1,000万通を超えるスパムメールを送りつけていた。

広告の内容としては、各種教材からダイエット食品、医薬品の販売、ブロードバンド加入誘致、Webサイト製作代行まで多岐に渡っている。この広告内容に関心を持った人が返事をした場合、スパムメールの発送者は800~1万ウォン(約100~1,200円)/1件の手数料を受け取っていた。

実行方法も計画的だった。警察などからの追跡を避けるため、スパムメール送信業務に必要なファイルを、特定サイト上の隠れた場所にアップロードしてやり取りしたり、広告主からの対価を仮名口座に振り込ませるなど、捜査の手から逃れるための工夫がなされていた。

結局この組織から送られたスパムメールは2年間で約150億通にのぼり、これによって得られた不当利益は4億6,000万ウォン(約5,700万円)以上に達することとなった。情報通信部によると、このように役割分担までして組織的にスパムメールを送信した業者を摘発したのは、韓国でも初めてのことだという。

それでは今回の組織摘発がどのように行われたのかと言えば、3月にKISAの不法スパム対応センターが、大量のスパムメールがあるとの通報を受けて、調査を行ったことによる。

韓国では深刻化するスパムメール問題に対応すべく同センターを設置しており、メールや電話、掲示板などで、本人の意思に反して勧誘広告などがあった場合に対応している。

情報通信部担当者は「こうした機関をフル活用してスパムメールを防ぐことが大事だ」と訴えている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

矢口真里、着信拒否で絶縁状態だった美川憲一に謝罪「大先輩に…」
[21:38 8/29] エンタメ
[三浦知良選手]来年50歳でも「うまくなりたい」
[21:22 8/29] エンタメ
東国原英夫、ネット住民と直接対決「また選挙に出るつもり?」と詰め寄られ…
[21:19 8/29] エンタメ
ジュウオウジャー、「ゴーカイジャー」との共演シーンではNGも - 映画大ヒット御礼イベントで告白
[21:00 8/29] ホビー
武藤敬司流「想像の斜め上をいく極意」- 「遊び心」が「人の心」をつかむ
[21:00 8/29] エンタメ

求人情報