「Acrobat 8」登場は11月、Webカンファレンス機能と連携 - 米Adobe

Junya Suzuki  [2006/09/19]

米Adobe Systemsは9月18日(現地時間)、同社のオンライン文書閲覧/作成ソフトウェアAcrobatの最新バージョンとなる「Acrobat 8」の提供スケジュールと製品ラインナップの詳細を発表した。Acrobat 8の特徴は、Webカンファレンシング・アプリケーション「Adobe Acrobat Connect」との連携など、コラボレーション関連の機能強化だ。今年2006年11月に英語/フランス語/ドイツ語/日本語の4つのバージョンの製品の提供が開始される。

最新版のAcrobat 8では、例えばオンライン上の共有フォルダを介して、複数のユーザーがPDFドキュメントにコメントを加えたり、文書の改変履歴を管理したりといったことが可能となる。ここで加えられたコメントなどの修正は、オフラインの状態でも確認することが可能だ。また大きな強化点として、オンライン上の他のユーザーとリアルタイムでメッセージの交換が可能な「Acrobat Connect」機能との連携が提供される。Acrobat ConnectはFlashベースのアプリケーションで、Acrobat 8上の文書に用意された「Start Meeting」ボタンを通して起動できる。

Adobeでは、Acrobat Connectのために最大15人のWebカンファレンス開催が可能なホスティングサービスを11月より提供する計画だ(当初は英語版のみ)。同ホスティングサービスは今年いっぱいまで無償トライアルが提供され、来年2007年以降は月額39ドル、年間395ドルのサブスクリプション型有料サービスへと移行する。また、より大規模なWebカンファレンス開催や、VoIPや音声テレフォニー機能もサポートしたAcrobat Connectの機能強化版「Acrobat Connect Professional」も12月より提供される予定。

Acrobat 8はMicrosoft WindowsとMacintosh版が用意され、無料の「Adobe Reader 8」以外に、「Acrobat 8 Standard」が299ドル、「Acrobat 8 Professional」が449ドルとなる。登録ユーザー向けのアップグレード版「Standard」は99ドル、同版「Professional」が159ドルとなる。また3D CADなどのPDF編集に対応した「Acrobat 3D Version 8」の登場時期は2007年1月を予定している。Acrobat 3Dや、Wordといった一部ファイルのPDF書き出しのみに対応した「Acrobat Elements」の価格などの詳細については、同社のAcrobatのページで順次公開の予定。

また、Adobeが買収したMacromediaのWebオーサリングツール「Dreamweaver 8」を包含した同社の次世代アプリケーションスイート製品の次世代版「Creative Suite 2.3」において、このAcrobat 8が組み込まれることになる。Creative Suite 2.3の提供時期は2006年第4四半期を予定している。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[みのもんた]SNSは「露出狂」 ツイッター炎上騒動で“みの節”
[21:45 5/25] エンタメ
門井亜矢のフルカラー3姉妹ラブコメ「メロンくりーむソーダ」最終2巻
[21:43 5/25] ホビー
[永井豪]「批評家大賞」アニメ部門大賞に感慨 「ようやく認められたのかな」
[21:36 5/25] ホビー
谷川史子の新作1巻、さまざまな人物の「はじめて」にまつわるエピソード描く
[21:21 5/25] ホビー
丸尾末広が描く双子の愛憎ロマネスク「トミノの地獄」2巻に書店特典
[21:20 5/25] ホビー

特別企画 PR

求人情報