ニコン、低価格1000万画素デジタル一眼レフ「D80」発表

 

ニコンは1024万画素のデジタル一眼レフ「D80」を発表した。発売は9月1日。D80ボディ単体のほか、「AF-S DX ズームニッコールED 18-70mm F3.5-5.6 G(IF)」をセットにした「D80 AF-S DX18-70G レンズキット」、新設計の「AF-S DX ズームニッコールED 18-135mm F3.5-5.6 G(IF)」をセットにした「D80 AF-S DX18-135G レンズキット」が発売される。いずれもオープンプライスだが、想定市場価格は、D80ボディが12万円前後、「D80 AF-SDX18-70G レンズキット」が15万円前後、「D80 AF-SDX18-135G レンズキット」は16万円前後。

D80+AF-S DX 18-135mm F3.5-5.6 G

D80+AF-S DX 18-70mm F3.5-5.6 G

新しいD80はD70sの後継という位置づけ。D200と同じ、有効1020万画素のCCDを採用している。ただし4チャンネル同時読み出しではない。CCDとともに絵づくりに大きな役割をもつ画像処理エンジンは、完全な新設計となった。RGB各信号をアナログの段階で最適化することで画像劣化を抑え、デジタル信号に変換。忠実な色表現、豊かでなめらかな階調の画像を実現しているという。

起動時間は0.18秒で、D70sの0.2秒よりも高速化された。連写速度は最高で秒3コマとなっている。また、画像記憶メディアはD70sがコンパクトフラッシュだったのに対し、D80はSDメモリーカードを採用した。

オートフォーカスモジュールにはD200と同等の「マルチCAM1000オートフォーカスセンサーモジュール」を採用。フォーカスエリアも11点と同じだ。ただしAFエリアモードはD200から少し整理され、「シングルエリアAFモード」「ダイナミックAFモード」「オートエリアAFモード」の3種類となった。このうち「オートエリアAFモード」が新しいもので、カメラが主要な被写体を自動で認識する機構。合焦範囲内と判断したフォーカスエリアを複数同時に点灯し、ピントが確認できるようになっている。

シャッターは、D70sが電子式・機械式併用だったが、D80は完全な機械式シャッターとなった。シャッタースピードは最高で1/4,000秒だ。

測光方式はおなじみの「3D-RGBマルチパターン測光II」。420分割RGBセンサーを使用する(マルチパターン測光)。測光方式としてはそのほかに「中央部重点測光」、使用中のフォーカスエリアに重なるス測光部を使用する「スポット測光」が選択できる。

D70sやD50ではミラーを使用したペンタ部だが、D80ではガラスペンタプリズムを使用している。ファインダー像がよりクリアになった。また、液晶モニターは23万画素2.5型の低温ポリシリコンTFT液晶を採用。上下左右170度の広い視野角を持つタイプである。

D80の背面部。基本的にはニコン文法どおりの配置。液晶モニターが大きく見える。画像の拡大は左下のボタンを押すだけ

表示パネルの横に「撮影動作モードボタン」「AFモードボタン」が置かれた。これもワンプッシュでモードが変わる

撮像感度はISO1600に対して最大1段の増感が可能。つまりISO3200相当での撮影が可能になった(D70sは最高ISO1600相当)。また「ポートレート」「風景」といった「デジタルイメージプログラム」では、撮像感度をカメラまかせにできる「オート」を搭載している。

ニコンのカメラで色づくりを決定する「仕上がり設定」はほぼ従来どおりだが、標準のカラー設定は「モード III a」ではなく、「モード I a」になっている。AdobeRGBの「モード II」も従来どおり。また、D70sやD200同様、本体のストロボ光で別のストロボをコントロールする「クリエイティブライティングシステム」もサポートする。

操作性の面では、ニコン独自だった画像の拡大方式が、ワンプッシュでできるようになった点が大きい。連写などの撮影動作モード、「AF-C」「AF-S」などを切り替えるAFモードもボタンを押すだけで切り替えられる。再生画像の最大倍率は約25倍。

またD80はカメラ内で画像を編集する機能を搭載した。リサイズやモノトーン化は他のカメラでもあったが、今まで画像処理ソフト「Nikon Capture」などに搭載されていた「Dライティング」がD80本体で使えるようになった点が大きい。

オプションとしては、D70sにはなかったマルチパワーバッテリーパック(縦位置グリップ兼用)が用意された。D80用は「MB-D80」(税込18,900円)で、リチウムイオンバッテリーEN-EL3eが1個または2個、単三形電池(アルカリ乾電池など)6本が使用できる。

ボディサイズは約132(W)×103(H)×77(D)mm。重量は585gと、D70sより少し軽くなった。もちろんD200の830gよりもはるかに軽い(いずれも本体のみの重量)。

新レンズも2本同時に発表された。D80とセットになった「AF-S DX ズームニッコール ED18-135mm F3.5-5.6G (IF)」は常用できる高倍率ズーム。D80では27~202.5mm相当の画角になる。超音波モーター(SWM)を採用し、高速で静かなオートフォーカスが可能。価格は61,950円だが市場価格は5万円程度になりそうだ。発売は2006年12月からと、もう少し時間がある。

もう1本は手ぶれ補正機構を備えた望遠ズームの「AF-S VR ズームニッコール ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)」。価格は81,900円だが、市場では66,000円程度で予約が始まっている。発売は2006年10月から。

AF-S DX ズームニッコール ED18-135mm F3.5-5.6G(IF)

AF-S VR ズームニッコール ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)

西尾 淳(WINDY Co.)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・小倉唯、7thシングル「Future Strike」よりMUSIC VIDEOの一部を公開
[01:00 10/2] ホビー
ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット
[00:21 10/2] 趣味
いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜
[00:21 10/2] 趣味
観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント
[00:21 10/2] 趣味
スクート、新千歳=台北=シンガポール線就航「構想から長い時を経て」
[21:34 10/1] 趣味