米Motorola、Motogamesを立ち上げ - 中国で携帯向けゲームコンテンツ強化

 

米Motorolaは、インタラクティブ・エンターテインメント大手との提携などを通じ、中国における携帯向けゲームコンテンツ事業を強化する。

同社は7月末に開催された「第4回 中国国際デジタル娯楽製品及び技術応用展覧会(ChinaJoy)」で、Motogamesの立ち上げを発表。Motogamesは携帯電話ユーザー向けのバーチャルショップで、ユーザーは独自のゲームコンテンツや体験版をダウンロードできる。Motogamesで直接完全版の各種ゲームを購入できるほか、MIDC(My E680g Zone専用のMonternet)、CMCC(中国移動ゲームダウンロード用プラットホーム)経由でもダウンロードできる。要するに、ユーザーはMotogames上で様々なゲームを存分に楽しめるというわけだ。

同社バイスプレジデントでモバイルデバイス部門北アジアマーケティング総経理を兼務するIan Chapman-Banks(卓文彬)氏は、「中国では毎月数百種類のJavaあるいはBREWゲームが発表されるが、3.7億人にも上る携帯電話ユーザーやゲーマーにとって、好きなゲームを見つけるのは決して容易なことではない。Motogamesはシンプルで利用し易いウェブサイトだ。ここからユーザーに洗練された多くのモバイルゲームを提供できるほか、コミュニケーションサービス、ゲーム情報なども提供できる」と、立ち上げの意義を強調した。

E680gは同社がゲーマーのために開発した携帯端末だ。携帯でのゲームに必要なあらゆる機能、グラフィックス、サウンド面で充分な機能をもつだけでなく、ダウンロード可能なJ2MEで開発されたゲーム、ナビゲーション、フルランドスケープビュー、マルチチャンネル・オーディオ・サポートなどの機能を一台に集約、当然ながらMotogamesにも対応している。「ゲームのダウンロードをサポートしない端末、メモリの足りない携帯端末など、モバイルゲーム愛好家はこれまでハードウェアの制限を受けてきた。われわれのE680gは、モバイルゲーム愛好家のためにデザイン、製造されたもの。Motorolaは人々の端末への期待を満足させるに止まらず、期待を大きく超えるものを生み出した」とChapman-Banks氏はアピールした。

同社は今回のChinaJoyで、中国のインタラクティブ・エンターテインメント大手の盛大網絡と共同でモバイルゲームを発表している。MotogamesとE680gのために提供されたのは、オンラインゲームで最も人気のある2つのゲーム、「伝奇世界(World of Legend)」と「夢幻国度(Magical Land)」だ。Chapman-Banks氏は「Motorolaは中国のモバイルゲーム愛好家に一級のエンターテインメント体験を提供しようと努めている。これには優れたゲームコンテンツが欠かせない。盛大の『伝奇世界』と『夢幻国度』は中国で最も人気のあるゲーム。この2つのゲームの携帯バージョンをモトローラ製品に登場させるのは、まさに最高の組み合わせになる」と盛大との提携の意義をも強調してみせた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ