ロジテック、外付けBlu-rayドライブを発表 - Mac対応モデルもラインアップ

 

Macにも対応するBlu-rayドライブ

ロジテックは、外付けタイプのブルーレイディスクユニットを発表した。搭載インタフェースの違いでUSB2.0対応の「LBD-A2U2」および、USB2.0 & FireWire(IEEE1394)対応の「LBD-A2FU2/WM」がラインアップされる。ともに8月中旬の発売予定で、価格はLBD-A2U2が116,000円(税別)、LBD-A2FU2/WMが132,000円(税別)。

LBD-A2シリーズは、BD-RおよびBD-REの片面1層(25GB)/片面2層(50GB)の2倍速記録に対応したドライブ。BDのほかにもDVD±R DL(4倍速)/DVD±R(8倍速)/DVD±RW(8/6倍速)/DVD-RAM(5倍速)/CD-R(24倍速)/CD-RW(16倍速)に対応、スーパーマルチドライブとしての機能を備えている。搭載ドライブはパナソニック四国エレクトロ二クス製。

LBD-A2U2はUSB2.0インタフェース、LBD-A2FU2/WMはUSB2.0およびIEEE1394インタフェースに対応しており、Windowsに加えてMacintoshでも利用可能。ソフトウェアはWindows用としてサイバーリンク製の「PowerProducer 3」「PowerDirector 5 SE」「PowerDVD 6 BD Edition」などが両モデルに添付されるほか、LBD-A2FU2/WMにはMacintosh用としてソニックソルーションズ製のライティングソフト「Roxio Toast 7 Titanium for Blu-ray Data」が添付される。

LBD-A2U2

LBD-A2FU2/WM

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事