CDクオリティで高音質の衛星ラジオが普及中 - 米XMのユーザーは700万を突破

 

米XM Satellite Radio Holdingsは27日(米国時間)、同社の有料デジタル衛星ラジオサービスの加入者数が700万人を突破したとの発表を行った。今後も加入者数の増加が予測され、今年末には770~820万人に達する見込みとなっている。

ほぼ全米をカバーする同社のデジタル衛星ラジオサービスは、月額US12.95ドルの利用料金で、170を超える多彩なチャンネルを視聴可能。CDクオリティの高音質で、ほとんどの番組をコマーシャルなしで楽しめるとされており、視聴スタイルも、ポータブルタイプから、ホームオーディオシステムとのセットタイプ、カーステレオタイプに至るまで、多彩な対応製品がラインナップされている。

Pioneer AirWare

Garmin 376C

Eton P7131

Delphi MyFi

Audiovox XB9

GPX HMW9815CNP

同社は今年第2四半期(4~6月期)中に92万6,281人の新規加入者を獲得し、先月末時点で加入者数は前年同期比56%増となる689万9,871人を記録。特に最近はカーディーラー向けの営業活動が強化されているようで、すでに現在も、GM、Porsche、Hyundai、ホンダ、トヨタ、日産の140以上の車種が、同社のデジタル衛星ラジオサービスに標準対応しているとされる。同社は今後2年間で、カーディーラーから出荷される衛星ラジオに初期対応した自動車の販売台数を、現在の2倍に増加させていく目標も掲げているという。

XM Satellite Radio Holdings CEOのHugh Panero氏

競合するSIRIUS Satellite Radioのデジタル衛星ラジオサービスは、同じく月額US12.95ドルの利用料金で、125以上のチャンネルを視聴可能となっているものの、先月末時点の加入者数は467万8,207人とされている。XM Satellite Radio Holdings CEOのHugh Panero氏は「700万人の加入者数を突破したことで、デジタル衛星ラジオのトップとして、新たな記録を立てることができて嬉しい」とコメントした。

なお、同社は今年第2四半期の決算報告を行い、売上高は前年同期比82%増となる約2億2,800万ドルに達したものの、純損失額はUS2億2,900万ドルに上っていることを明らかにした。しかしながら、EBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利益)ベースで見るならば、損失額はUS4,600万ドルにとどまるという。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

小倉智昭、熱愛報道の川谷絵音を「堂々」- ベッキー"背中ヌード"にびっくり
[12:27 9/29] エンタメ
チャットワーク、セキュリティ設定や管理機能を強化した法人向けプラン
[12:24 9/29] 企業IT
MRJ、北米フェリーフライトの写真公開--グラント・カウンティ空港へ
[12:20 9/29] 趣味
NECソリューションイノベータ、データ分析でブドウの収穫予測を自動判定
[12:16 9/29] 企業IT
わずか3gのBluetoothタグから人工衛星まで、変化を見せたKDDI ∞ Labo
[12:01 9/29] 企業IT

求人情報