16:9の携帯向け液晶が開発 - ソニー・エリクソンのワンセグケータイも?

 

ソニーとソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは、携帯電話向けで業界初という縦横比16:9の2.74型システムオングラス低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイモジュールを開発した。これまでの携帯電話向け液晶は、QVGAサイズが主流だったが、16:9に対応することで、携帯端末向け地上デジタル放送のワンセグをサイズ変更なしに表示できるなどのメリットがある。

2.74型 システムオングラス 低温ポリシリコンTFT フルワイド液晶ディスプレイモジュール

今回両社が開発したモジュールは、縦横比16:9/240×(RGB)×432ドットのフルワイド液晶パネルを搭載。QVGAの液晶パネルに比べて表示情報量は約35%増加し、16:9(320×180ドット)のワンセグ放送をサイズ変更なしに表示可能。これまでの携帯電話は一般的にQVGA、WQVGA表示が主流だったので、ワンセグを表示する際にはサイズ変更が必要だったが、このモジュールではその必要がない。

表示領域が広がったことで、カメラで撮影した静止画やメールやWebサイトの情報もより見やすい形で表示できるなどのメリットもある。

モジュールとしては、両社が共同開発した高画質エンジン「RealityMAX」を搭載。ソニーの薄型テレビ「BRAVIA」に投入された技術を携帯電話向けに応用したとしており、画像を自動的に分析して明るさとコントラストを向上させ、さらに画像の鮮鋭度を自動補正することで、よりくっきりとした鮮やかな画像表示が可能になったという。

モジュールのレイアウト図

今後、ソニーはこの液晶モジュールの商品化を進め、ソニー・エリクソン側はこのモジュールを使った携帯電話の商品開発を進める予定。現時点でソニー・エリクソンはワンセグ対応の携帯電話を発売していないが、今回の発表でその登場が期待できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・上田麗奈の一人喋りラジオコーナーが10月1日よりスタート
[22:44 9/28] ホビー
TVアニメ『ViVid Strike!』、放送直前! スタッフ&キャストコメントを公開
[22:41 9/28] ホビー
Windowsスマートチューニング 第411回 Win 10 IP編: Windows Updateへのアクセスを抑止する
[22:14 9/28] パソコン
進化を続ける「Zen」シリーズ - ASUSがフラグシップノートPC「ZenBook 3」を国内投入
[22:07 9/28] パソコン
声優・三森すずこ、3rdアルバム『Toyful Basket』発売記念! 特典お渡し会を開催
[22:02 9/28] ホビー