Internet Explorer 7は自動更新で配布、企業向けに更新防止策も用意

 

Microsoftは次期Webブラウザ「Internet Explorer(IE) 7」を自動更新(Automatic Update: AU)を通じて配布する。26日(米国時間)にIEBlogで明らかにした。

IE7は、2007年前半にリリース予定のWindows Vistaに搭載されるほか、2006年第4四半期にWindows XP版がリリースされる予定だ。タブブラウジングやRSSなど様々な新機能を備えるが、Microsoftが最も力を入れたのがセキュリティ強化である。ActiveXをコントロールできるActiveX Opt-in、フィッシングフィルター、セキュリティステータスバー、Fix My Settingなどを備える。そのためセキュリティ向上の観点から、IE7を優先度の高い更新プログラムとして配布することにしたという。

IE7の最終版がリリースされると、自動更新で通知されるほか、Windows Update/ Microsoft Updateの高速アップデートの対象になる。インストール過程ではウエルカムスクリーンに続いて主要機能が説明され、その後ユーザーは「インストール」「インストールしない」「あとで確認」を選択できるそうだ。インストールする場合、IE6のツールバー、検索設定、お気に入り、Webブラウザの標準設定などがIE7に引き継がれる。インストール後は、プログラムの追加と削除を使ってIE6に戻すことも可能だ。

Microsoftはまた、Blocker Toolkitの配布も明らかにした。これはIE7の自動インストールを防ぐ企業向けのツールだ。すでにMicrosoftのダウンロードセンターから無償でダウンロードできる。動作期限は設定されていない。同社はIT管理者向けの情報をTechNetのWindows Update/ Microsoft Updateで提供している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『クラッシャージョウ』、Blu-ray BOX発売決定! 公式サイトオープン
[02:50 10/1] ホビー
TVアニメ『デジモンユニバース』、10/1放送開始! 第1話の場面カットを公開
[02:27 10/1] ホビー
TVアニメ『sin 七つの大罪』、メインキャスト出演の音声ドラマ第1話を公開
[01:42 10/1] ホビー
TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』、放送開始直前! ニコ生での特番決定
[01:29 10/1] ホビー
TVアニメ『競女!!!!!!!!』、秋葉原で水着風コンパニオンが号外新聞を配布!?
[01:03 10/1] ホビー