Internet Explorer 7は自動更新で配布、企業向けに更新防止策も用意

Yoichi Yamashita  [2006/07/27]

Microsoftは次期Webブラウザ「Internet Explorer(IE) 7」を自動更新(Automatic Update: AU)を通じて配布する。26日(米国時間)にIEBlogで明らかにした。

IE7は、2007年前半にリリース予定のWindows Vistaに搭載されるほか、2006年第4四半期にWindows XP版がリリースされる予定だ。タブブラウジングやRSSなど様々な新機能を備えるが、Microsoftが最も力を入れたのがセキュリティ強化である。ActiveXをコントロールできるActiveX Opt-in、フィッシングフィルター、セキュリティステータスバー、Fix My Settingなどを備える。そのためセキュリティ向上の観点から、IE7を優先度の高い更新プログラムとして配布することにしたという。

IE7の最終版がリリースされると、自動更新で通知されるほか、Windows Update/ Microsoft Updateの高速アップデートの対象になる。インストール過程ではウエルカムスクリーンに続いて主要機能が説明され、その後ユーザーは「インストール」「インストールしない」「あとで確認」を選択できるそうだ。インストールする場合、IE6のツールバー、検索設定、お気に入り、Webブラウザの標準設定などがIE7に引き継がれる。インストール後は、プログラムの追加と削除を使ってIE6に戻すことも可能だ。

Microsoftはまた、Blocker Toolkitの配布も明らかにした。これはIE7の自動インストールを防ぐ企業向けのツールだ。すでにMicrosoftのダウンロードセンターから無償でダウンロードできる。動作期限は設定されていない。同社はIT管理者向けの情報をTechNetのWindows Update/ Microsoft Updateで提供している。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第51回) - リリースまで残り2カ月? ビルド14352登場
[19:22 5/27] パソコン
アクロニス、データ保護向けブロックチェーン技術アプリ開発の戦略を発表
[19:09 5/27] 企業IT
玄人志向、予価税別91,500円のGeForce GTX 1080搭載グラフィックスカード
[19:06 5/27] パソコン
「Pokemon GO」のプレイ画面が多数公開 - ジムバトル、ポケモン図鑑も
[18:56 5/27] 携帯
GIGABYTE、GeForce GTX 1080搭載グラフィックスカード - 税別92,500円前後
[18:53 5/27] パソコン

特別企画 PR