グループウェアの父が作ったコラボツール「Office Groove」

小山安博  [2006/07/11]

マイクロソフトの次期Office製品である「the 2007 Microsoft Office System」には、新規に投入されるソフトウェア製品がいくつかある。その中で注目されているのが「Microsoft Office Groove 2007」だ。

Notesの開発者として知られるRay Ozzie氏が開発したこの製品をOffice製品に組み込むことで、マイクロソフトは「新しいコラボレーション環境」の実現を目指している。

Grooveのワークスペース

Grooveは、"グループウェアの父"とも呼ばれるOzzie氏が設立したGroove Networksで開発されてきたコラボレーションツール。米MicrosoftがGroove Networksを買収したあとは同社内での開発が続けられてきた。ちなみにOzzie氏は、ビル・ゲイツ米Microsoft会長兼CSA(Chief Software Architect)の現役引退発表にともない、新たにCSAに就任しており、Microsoftのテクノロジ全般を担当するようになっている。

Groove 2007は、ソフトをインストールしたユーザー同士で「ワークスペース」を共有し、さまざまなコラボレーションを実現するツールだ。ワークスペースはユーザーが自由に作成でき、たとえば「営業課内のワークスペース」や「○社の案件のワークスペース」といった形で規模やテーマを問わずに利用できる。

Grooveのワークスペースの特徴

Groove Serverの機能

ワークスペースではファイル共有、ディスカッション、会議、フォーム、InfoPathフォーム、SharePointファイル、メモ帳、予定表、案件管理などといったコラボレーションに必要な各種の機能が提供される。これにより、メンバー同士でスケジュールや作成したPowerPointなどのファイルの管理や、インスタントメッセンジャーで相談しながらデータを作成する、といったことが簡単に行える。

各種のグループウェアを利用しても似たようなことはできるし、Office製品に含まれるSharePointも同様の機能を備えている。特にSharePointと比べると、「コラボレーションの進行度とコンテンツの永続性の2軸で比較できる」(マイクロソフト)。コラボレーションが始まった当初はGrooveで作業を行い、成果が出るころにはSharePointに移行する、作業が終わって成果物を残さないならGroove――そんなすみ分けをマイクロソフトは示す。

他のグループウェアにはないGrooveの特徴は、P2Pでワークスペースを共有する点だ。サーバーが不要のためワークスペースの作成も自由に、しかも簡単に行える。ポート80番が利用できるため、ファイアウォールを越えたインターネット経由での共有も容易。開発環境も付属しており、DHTMLやCSSのようなWebのテクノロジを使ったカスタマイズから高度なシステム開発までが可能で、開発のレベルによっては「JavaScriptの知識があれば開発できる」(同社)という。

また、WebサービスAPIを利用することで、ワークスペースやGrooveの連絡先などにアクセスできる。SOAP / WSDL / XSDに対応、既存のデスクトップアプリケーションやエンタープライズシステムとの連携が可能。実際、既存のGroove利用企業では、SiemensがSAPやSiebelのシステムと連携するGrooveの環境を構築しているそうだ。

セキュリティにも配慮され、匿名アクセスの禁止、なりすまし防止のためのデジタル指紋の導入、データとネットワークの暗号化などを備えており、「米国では陸海空軍、HP、Hitachiなどが利用している」(同社)とセキュリティの高さを強調する。

Grooveは、クライアント製品としてOffice Groove 2007に加え、1年間のサブスクリプションライセンスの「Microsoft Office Live Groove」の2製品を用意。サーバー製品として「Microsoft Office Groove Server 2007」「Microsoft Office Groove Enterprise Services」が提供される。サーバー製品を使うことで、Grooveの運用・管理を一括して行え、Active Directoryを使ったユーザー管理やポリシーの設定、監査などが可能になる。業務システムとの連携にもサーバー製品が必要だ。

手軽に、セキュアなコラボレーション環境を構築できるGrooveは、P2Pとしてもクライアント/サーバー型としても利用できる点などの特徴から、「企業の要望に応じて柔軟な環境で使える」(同社)としている。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

林家三平『笑点』新メンバーに抜てき! 初座布団に大喜び「やったー!」
[22:21 5/29] エンタメ
石原慎太郎が『行列』初出演、舛添都知事について発言
[22:00 5/29] エンタメ
石原慎太郎が『行列』初出演 - 高畑充希とマジック体験・舛添都知事に発言も
[22:00 5/29] エンタメ
あずまきよひこ、読者へ「すみません」手塚治虫文化賞の記念イベント&贈呈式
[21:45 5/29] ホビー
[新井浩文]夏帆との熱愛報道を自らネタに 「そば屋で浅野さんと間違えられた」
[21:43 5/29] エンタメ

特別企画 PR