米IBM、デスクトップLinux版「Lotus Notes 7」の提供を開始

米IBMは7月10日(現地時間)、コラボレーションソフトウェア「Lotus Notes 7」のLinux版の提供を開始したと発表した。サーバ版のLotus Domino 7のLinux向けの提供はすでに行われており、今回デスクトップ版にあたるLotus Notes 7のLinux向けの提供が開始されたことで、WindowsなしでもNotes/Dominoによるメッセージング/アプリケーション・プラットフォームが構築できるようになる。

Lotus Notesは、サーバ上で動作するDominoとデスクトップ向けクライアントソフトウェアであるNotesを組み合わせて利用するコラボレーションソフトウェアだ。以前のバージョンよりLinux版Dominoの提供は行われていたが、クライアント用にはWindows版のみの提供であったため、Linuxデスクトップ上でNotesアプリケーションを利用するには、Domino Web AccessによるWebブラウザ経由でのアクセスといった手段で対応するしかなかった。今回、Linux上でネイティブ動作するNotesがリリースされたことで、SIベンダーはWindowsなしでもNotes/Dominoベースのシステムの提案が可能になる。IBMは今年3月に「Migrate to the Penguin」という、Microsoft ExchangeからLinuxをベースにしたNotes/Dominoのシステムへと顧客を移行させるパートナープログラムを発表しており、今回のLinux版Notesの発表はそれを加速させるものとなる。

現在の対応ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux 4で、Novell SUSE Linux Desktop for Enterprise 10対応版はSUSE Linux 10の正式版リリースから約90日以内に提供が開始されるという。またユーザーが現在持っているLotus Notesのライセンスは、そのままLinux版へと継承できる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事