「ググる」がウエブスター辞書に、マウスポテトやスパイウエアも

 

Merriam-Websterが今秋に出版予定の辞書に追加する新語のサンプルをオンラインサービスMerriam-Webster OnLineで公開した。その中には「mouse potato」や「manga」が含まれるほか、「google」を動詞として使う用法が認められている。

テクノロジやコンピュータ関連に加えられたmouse potatoは、「長時間をコンピュータの前で過ごす人」という意味。テレビばかり見ている人を指す「couch potato (カウチポテト)」を語源としている。このほか同カテゴリーでは、「spyware(スパイウエア)」や「ringtone(リングトーン)」も追加されている。googleは「Googleの検索エンジンを使ってWebから情報を得る」行為を指す動詞として登録されている。語形変化としてgoogledやgooglingが示されている。

日本語でも"ググる"が一部で通用するが、米国ではgoogleが"検索"を指す言葉として広く使われており、2002年には動詞としてAmerican Dialect Societyのワーズ・オブ・ザ・イヤーの次点となっていた。分類すればスラングだが、Merriam-Webster's Collegiate Dictionaryのような流行語の追加に慎重な辞書に書き加えられることで、一般語として認められるようになる。

googleのように特定の企業のトレードマークが動詞として認められるのは、その分野における人気の高さや実力を現すことになるが、一般語として普及するとトレードマークとして認められにくくなるという問題も発生する。過去の例では、コピーをとるという意味の「xerox」、掃除機をかけることを指す「hoover」などがある。今回のgoogleは、Googleの検索エンジンを使う場合に限定されており、一般的な検索行為を指す言葉ではないため、Googleとしても一安心だろう。

テクノロジ/コンピュータ以外の新語を紹介すると、avian influenza (鳥インフルエンザ)、biodiesel (植物性の油を原料にしたディーゼル燃料)、soul patch (下唇のしたの小さなひげ)、supersize (サイズを大きくすること)、drama queen (感情表現やリアクションがオーバーな人)、manga (日本のコミック)、agritourism (田舎に滞在して、自然に触れたり、農作業をする)など。soul patchは鼻の下のひげも含めて使われるケースも多いが、Merriam-Websterは"下唇のしたのひげ"としている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】来春登場! セブン銀行ATMの新サービスで入出金にキャッシュカードが不要になる!?
[19:08 7/29] マネー
加藤綾子、子供たちと歌&ダンス「先生の夢かなった」- 絵本読み聞かせも
[19:03 7/29] エンタメ
いよいよWindows 10無償アップグレード終了 - 今後はやっぱり有料? 元のOSに戻せる?
[19:02 7/29] パソコン
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、お渡し会&公収イベントの開催決定
[19:00 7/29] ホビー
帰省する派は2割弱!? お盆の過ごし方ランキング!
[18:59 7/29] キャリア

求人情報