次のMS-OfficeはODFをサポート -第一弾はWord 2007用アドイン

Microsoftは5日(米国時間)、Microsoft OfficeでOpen Document Format(ODF)に準拠したファイルのインポートを可能にする「Open XML Transrator」プロジェクトを発足、第一弾としてWord 2007用アドインの試作版「ODF Add-in for Word 2007」を公開した。アドインのソースコードや変換用コマンドツール、関連ドキュメントもあわせて公開されている。

ODF Add-in for Word 2007の動作には、現在βテスト中のWord 2007 beta 2、および.NET framework 2.0が必要。アドインをインストールすると、ファイルメニューにODFエントリが追加され、ODFファイルのインポート/エクスポートが可能になる。

インポートされたODFファイルは、Office 2007の新しいファイルフォーマット「Office Open XML」(OOXML)に変換され、リードオンリーの状態となる。このファイルを保存する場合には、ODFファイルとしてエクスポートする必要があるとのこと。

試作版の段階ではあるものの、MicrosoftがODFをネイティブサポートするに至った背景には、標準化団体OASISを中心に策定されたODFへの強い対抗意識がある。特定のベンダーに依存しないファイル形式として、他のソフトベンダーや世界各国の政府や自治体の支持を集めたODFは、今年5月にはISO標準規格として認定を受けるなど、事実上のオフィス系ファイルフォーマット国際標準としてのポジションに近づきつつある。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事