HISからPCI Express x1対応のRadeon X1300搭載グラフィックスカードが登場

 

Hightech Information System(HIS)は、PCI Express x1インタフェースに対応したRadeon X1300 GPU搭載グラフィックスカード「HIS X1300 512MB HyperMemory PCIe x1」を発表した。マザーボードがPCI Express x1を採用する例は増えてきたが、拡張カードがPCI Express x1を採用する例はまだ少ないため、貴重な製品となりそうだ。

GPUのコアクロックは450MHz。メモリは容量128MB(HyperMemoryによりメインメモリと合わせて最大512MBまで確保可能)のDDR2を採用しており、動作クロックは250MHz(データレート:500MHz)。メモリ接続バス幅は64bitで、メモリ帯域は4GB/sec。ディスプレイ出力は、DVI-I(デュアルリンク対応)およびD-Sub15ピン、TV(HDTV非対応)。Radeon X1000シリーズが対応する高画質化機能「AVIVO」も利用できる。カード形状はロープロファイル。冷却用に「HIS iFan」ファン1基を搭載しており、動作音は20dBAとされる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事