ついにHD DVDレコーダーが登場! - 東芝、「RD-A1」を7月14日に発売

 

東芝は、次世代DVDのHD DVDに対応したHD DVD搭載HDDレコーダー「RD-A1」を7月14日から発売する。1テラバイト(TB)のHDDを搭載、HD DVDメディアへの録画も可能になっており、録画に対応したHD DVD対応製品が商品化されるのは世界で初めて。価格は39万8,000円。

ついに登場したHD DVD搭載のHDDレコーダー「RD-A1」。東芝の「技術の結晶」(東芝デジタルメディアネットワーク社・藤井美英社長)というほど技術をつぎ込んだというほどの高級路線

RD-A1と藤井社長(右)。「これを大幅に超える製品を年末までに出す気はない」(同)とのことで、今年いっぱいはRDシリーズ最上位モデルとして位置づけられる模様だ

RD-A1は、地上 / BS / 110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーをそれぞれ搭載しており、1TBのHDDに、地デジの画質そのままのHD画質で最大約130時間の録画が可能。HD DVDメディアへの記録にも対応し、片面1層のHD DVD-R(15GB)に対して、地デジ(17Mbps・TSモード)で最大約115分、片面2層(30GB)で約230分録画できる。

HDDに録画したHD画質の番組をHD DVD-Rに書き出すことも可能。HD画質でDVD-R / RW / RAMに録画した映像を、SD画質にダウンコンバートして書き出すといったことも可能だ。

すでに同社が発売しているHD DVDプレイヤー「HD-XA1」と同様、HD DVDソフトの再生が可能で、HD DVDのアドバンスト機能も利用できる。アドバンスト機能では、再生中の映像上にサムネイル付きのチャプターメニューを表示する「ポップアップ・メニュー」機能や、インタビュー映像やメイキング映像などの特典映像を、サブ画面上に同時に表示するPinP(ピクチャーインピクチャー)動画再生などが用意されている。

音響面では、ドルビーデジタルプラス、ドルビーTrue HD、DTS-D、L-PCM5.1chといったサラウンドに対応、迫力のある音声で映画などが楽しめる。

RDシリーズとして、映像処理エンジン「RDエンジンHD」を搭載、これまでの同エンジンをHD DVD対応版にバージョンアップしており、録画したハイビジョン番組をフレーム単位で編集してプレイリストを作成、HD DVDにダビング(移動)できるほか、DVDに録画した映像をHDDに書き戻し、HD DVD-Rに改めてダビングし直すといったことも可能。

米アンカー・ベイ・テクノロジーズのスケーラーを搭載することで1080pへのアップコンバートにも対応。1080iのハイビジョン放送をフルHD(1080p)に変換できる。HD DVDソフトやDVDソフト、通常の映像を録画したDVDも1080pに変換して再生することも可能だ。

ネットワーク機能としてはメールでの番組予約、iEPG予約などが可能な「ネットdeナビ機能」を搭載。DLNAガイドラインにも対応するので、同社の液晶テレビ「REGZA Z1000」シリーズやノートPC「Qosmio G30」をはじめ、メーカーが異なってもDLNA対応製品であれば簡単にLAN接続のホームネットワークを構築でき、離れた部屋でも録画した番組を再生して楽しめる。

本体はメインフレームとサブフレームを1mmの鋼鈑で構成する2層構造を採用、アルミ削り出しの支柱や高級オーディオ機器に使用している高品位パーツの搭載、世界初という297MHz/14bitビデオDACの搭載など、「業界最強の高音質、高画質を目指した」(同社)としている。

次世代光ディスク競争では、HD DVDに加えてBlu-ray陣営が商品化を進めているが、HD DVD陣営では先導する東芝が3月31日にHD DVDプレイヤーを世界に先駆けて販売を開始、今回、さらにHD DVDへの記録に対応したレコーダーも投入、規格競争を有利に進めていきたい考えだ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ブリトニー・スピアーズ、波に襲われ「溺死しそうだった」
[10:51 8/29] エンタメ
声優・麻倉ももがHoneyWorksプロデュースでソロデビュー決定
[10:37 8/29] ホビー
Mac Fan 10月号発売! 特集は「IBM x Appleのビジネス大変革」
[10:37 8/29] パソコン
全部200kcal以下! 残業後でもパパッと作れる「太らない残業ごはん」発売
[10:37 8/29] ヘルスケア
「老い」を感じるほど認知症になりやすいって本当?
[10:30 8/29] ヘルスケア