「Opera 9」の正式版リリース、ウイジェットやBitTorrentを装備

 

Opera Softwareは6月20日(現地時間)、Webブラウザ「Opera 9」の正式版をリリースした。同社のサイトから無償でダウンロードできる。対応OSはWindows、Macintosh、Linux、FreeBSD、Solarisなど。現在Windows版では英語版とInternational版の選択が可能で、日本語を含む25言語以上に対応している。

「Opera 9では、スピードの向上、Webスタンダードのサポート、WidgetsやBitTorrentのような革新的な新機能など、様々な面においてユーザーの期待を上回るWebブラウザの実現を目指した」とOperaのCEOであるJon S. von Tetzchner氏。

Opera 9とMy Operaコミュニティ

Widgets

同社は、いち早くタブブラウズやマウスジェスチャーを導入するなど、ユーザーの効率性や使い勝手を向上させる機能をWebブラウザ開発のポイントの1つとしてきた。その姿勢はOpera 9でも変わらない。最新版はWidgetsと呼ばれるミニアプリケーションの実行エンジンを装備する。ユーザーは時計や天気予報、ニュースリーダー、ゲームなど、好みのWidgetを登録して、キー操作1つでデスクトップに呼び出せる。もう1つの大きな新機能がBitTorrentのファイル配信機能の統合だ。Operaの検索ボックスからTorrentファイルを検索し、Operaのトランスファーマネージャーを使ってファイル転送を管理できる。このほか、任意の検索エンジンを検索バーに追加するカスタマイズ機能、タブのサムネイルプレビュー、開いている複数のタブを保存するセッション機能、閉じてしまったタブを回復するTrash Canなどを備える。

セキュリティも強化点の1つだ。アドレスボックス内にセキュリティ情報を表示するセキュリティバー、ポップアップブロック機能やクッキー管理機能などの改良が行われた。

Opera Softwareは、Opera 9リリースに合わせて「Your Web、Your Choice」という宣伝キャンペーンを開始した。OS付属のWebブラウザをそのまま使用するのではなく、より快適にインターネットを利用できるWebブラウザの選択を勧めている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事