アジアでの邦楽生産拡大を目指す日本レコード協会、海賊盤対策の成果は?

日本レコード協会は、アジア各国における邦楽のライセンス状況を発表した。今回発表されたのは、中国、台湾、韓国などのアジア各国内で販売される邦楽CDを、現地で生産するためのライセンスの状況で、2005年1月に始まった還流防止制度などの影響で同年はライセンス数が減少したが、2006年は順調に拡大しており、日本レコード協会では、今後さらにライセンスの拡大を狙っていきたい考えだ。

アジア地域のライセンスタイトル数

日本レコード協会の集計によれば、アジア地域へライセンスされた邦楽タイトル(CDなどのパッケージのみ)は、2004年と2005年を比べると、各国全体で14%減、重複分を除くと9%減だった。これに関しては日本市場を除くアジアの音楽市場が、対前年比で14%減(国際レコード産業連盟:IFPI調べ)だった点などが影響していると同協会では見ている。

中国以外の各国で市場が縮小している

特に韓国の落ち込みが大きいが、これは韓国で第4次の日本文化開放が実施された影響で、2004年にパッケージが大きく伸びた反動と見られている

アジア各国でのパッケージの総生産数量も減ったが、これもアジア市場の縮小の影響に加え、還流を防止したことも数量減につながったと見られている。日本レコード協会専務理事の田辺攻氏によれば、アジアで生産されるパッケージの18%程度が還流していたといい、2005年から実施された還流防止制度により、その分の生産が減少したわけだ。

また日本レコード協会は、中国独自の制度上の問題も指摘。その1つが「権利認証制度」で、音楽関係ではIFPIが認証機関として指定されている。その手続きに時間がかかるため、同協会ではこの認証機関として認めてもらえるよう、管轄の中国国家版権局に働きかけを行い、「ほぼ承認された」(日本レコード協会・阿部秀男業務部担当部長)という。日本レコード協会が認証を行うことで中国での生産がより迅速化できるとしている。

権利認証制度の概要

これまでの手続き(左)が変更され、より迅速に生産が可能になるとしている

中国の制度上の問題としては、中国当局による検閲も挙げられるとソニー・ミュージックエンタテインメント 国際グループインターナショナルマーケティング次長の田中章氏は話す。歌詞やアルバムタイトルなどを事前に提出する必要があり、検閲通過までに「1カ月半から3カ月かかる」(田中氏)という。田中氏は、「海賊盤9に対して正規盤1(の割合)という話もある」ほど海賊盤が出回っている中国市場に対し、正規盤の低価格販売、プロモーションや啓発活動の強化、CDタイトルの日中同時発売という対策で「海賊盤業者にスキを与えない」(同)重要性を指摘。実際にバンド「ラルク・アン・シエル」のアルバム「AWAKE」でこうした対策を実施したところ「海賊盤が30%減少した」との効果が出たそうだ。

また、アジア各国で音楽配信などのデジタル音楽が拡大している中、代金を支払って音楽配信を利用している層がデジタル音楽利用者全体の27%しかおらず、「ほかは違法ダウンロードやP2Pで手に入れている」(日本レコード協会)という問題点も指摘、こうした問題にも取り組んでいく姿勢を示した。

アジア各国でデジタル音楽が拡大している

きちんと料金を支払っている層は4分の1



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報