Dialogue、携帯通信機能内蔵PC「FlyBook」を日本で発売へ

 

モバイルノートPC「FlyBook」を開発・販売するDialogue Technologyは14日、都内で発表会を開催し、「V33i」「VM」の新製品2機種を日本で発売すると発表した。発売予定日と価格は「V33i」が7月4日・268,800円(税別)より、「VM」が6月20日・216,000(税別)より。

「V33i」は回転ヒンジを持つ8.9型ワイド(1024×600)のタッチパネル液晶と、携帯電話網を利用した通信機能を搭載していることが特徴のミニノートPC。欧州における3G携帯電話の方式であるUMTSのほか、2~2.5G携帯電話のGSM/GPRS/EDGEに対応し、本体側面にあるスロットにSIMカードを装着すれば、別途電話機を接続しなくても本体だけでワイヤレス通信が可能。海外で契約したSIMカードを使ったローミングでは、日本でもW-CDMAのサービスエリア内で通信可能なことが確認されているという。CPUはPentium M 超低電圧版 753(1.20GHz)または同773(1.30GHz)が選択可能。

FlyBook「V33i」

日本で当初販売されるカラーバリエーションはレッド・ブラックの2種類

「VM」はIntelとの協業によって生まれた新モデルで、12.1型ワイドディスプレイ(1280×768)を搭載する。飛行機や新幹線の座席テーブルといった狭い場所でも使いやすいように、ディスプレイを手前に引き寄せられる構造のヒンジを採用しているのが特徴。CPUはCore Duo L2400(1.66GHz)を搭載し、DVDドライブを内蔵可能なほか、指紋認証機能も装備する。

FlyBook「VM」はヒンジがユニーク

従来のノートPCは前の人が座席の背もたれを倒すと使えなかったが、VMはこのヒンジのおかげで問題なく使える

同社はこれまで欧州を中心にノートPC事業を展開してきたが、今回日本市場へ進出するにあたり、「VM」を日本先行販売モデルとして発売する。FlyBookシリーズの正式な販路についてはまだ明らかにされていないが、PCや周辺機器の流通業を行う加賀電子との間で現在、日本での展開に関する話し合いが進んでいるという。

発表会では、ステージに登場したモデルがその場でカラーバリエーションに合わせた新たな衣装をまとってFlyBookを紹介するといったショーも行われた

(追って詳報を掲載いたします)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー