AMD、新ソケット「AM2」のAthlon 64/Sempron発表 - メモリは全面的にDDR2へ

 

米AMDは23日(現地時間)、新CPUソケット「Socket AM2」に対応するデスクトップ・プロセッサ新製品を発表した。ハイエンド製品のAthlon 64 FXからバリュー向けのSempronまで、幅広く新製品がラインナップされており、Intelに続き、いよいよAMDプラットフォームでもDDR2メモリへの移行が始まることになる。製品の出荷は即日開始されている。

Socket AM2対応のAthlon 64 FX

同 Athlon 64 X2

同 Athlon 64

同 Sempron

Socket AM2に対応する新プロセッサは、デュアルコア製品のAthlon 64 FXとAthlon 64 X2、そしてシングルコア製品のAthlon 64とSempronという、デスクトップ向けの全シリーズで投入される。仮想化技術「AMD Virtualization」(コードネーム:Pacifica)が実装されるほか、メモリコントローラはアンバッファードDDR2に対応。メモリスピードは、Athlon 64 FX / X2では最高PC2-6400(DDR2-800)、Athlon 64 / Sempronでは同PC2-5300(DDR2-667)までとなる。

プロセッサのラインナップは、以下の通り(価格は全て1,000個ロット時)。

Athlon 64 FX
モデル クロック L2 TDP 価格
FX-62 2.8GHz 1MB×2 125W $1,031

Athlon 64 FXシリーズでは、従来の最上位モデルのFX-60に代わり、新たにFX-62がハイエンド製品となった。クロックは2.8GHzと、従来より200MHz高速化され、3GHzの大台まであと一歩と迫った。一方、TDPは125Wと、FX-60の110Wから増加した。製造プロセスは、90nm DSL SOI(Dual Stress Liner strained silicon-on-insulator)とされ、歪みシリコンが採用されているようだ。

Athlon 64 X2
モデル クロック L2 TDP 価格
5000+ 2.6GHz 512KB×2 89W $696
4800+ 2.4GHz 1MB×2 89W $645
4600+ 2.4GHz 512KB×2 89W $558
4400+ 2.2GHz 1MB×2 89W $470
4200+ 2.2GHz 512KB×2 89W $365
4000+ 2.0GHz 1MB×2 89W $328
3800+ 2.0GHz 512KB×2 89W $303

Athlon 64 X2シリーズには、最上位の5000+と4000+が新登場。そのほかのSocket AM2製品については、従来のSocket 939版と同じ価格が付けられている。TDPは全て89Wで、上位モデルについては、Socket 939版の110Wから低消費電力化が図られている。ちなみにAMDは先週、Socket AM2の低消費電力版Athlon 64も発表しているが、これらは上記リストからは省いた。こちらの内容に関しては、別記事を参照して頂きたい。

Athlon 64
モデル クロック L2 TDP 価格
3800+ 2.4GHz 512KB 62W $290
3500+ 2.2GHz 512KB 62W $189

Athlon 64シリーズには、Socket AM2向けとして上記2モデルが追加された。どちらもSocket 939版が発売されていたモデルで価格は据え置き。なお同時にSocket 939版のラインナップに変更があり、新たに動作クロック2.4GHz / L2キャッシュ1MBの4000+が343ドルで登場し、入れ替わりにローエンドの3200+が価格表から消えている。なお同様にAthlon 64には先週、低消費電力版のAthlon 64 3500+(231ドル)も追加されている。

Sempron
モデル クロック L2 TDP 価格
3600+ 2.0GHz 256KB 62W $123
3500+ 2.0GHz 128KB 62W $109
3400+ 1.8GHz 256KB 62W $97
3200+ 1.8GHz 128KB 62W $87
3000+ 1.6GHz 256KB 62W $77

Sempronシリーズには、最上位モデルとして動作クロック2.0GHzの3600+ / 3500+が新登場した。ちなみに従来のSocket 754の最上位モデルは3400+だったが、このモデルも3600+と同じく、2.0GHz / 256KBという動作クロック / L2キャッシュの組み合わせだった。このナンバリングはおそらく、Socket AM2ではメモリ対応がDDR2と高速化されたためと思われるが、新旧ソケットの同一モデルナンバー製品で動作クロック / L2キャッシュが異なるのはSempronだけだ。

Socket AM2のプロセッサはすでに出荷が開始されており、Alienware、Fujitsu Siemens、Hewlett-Packard(HP)、Lenovoなど、世界40社以上から搭載システムが発売されるとしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Facebookの月間利用者数が17億人突破、来年に20億人到達の可能性
[08:08 7/28] 企業IT
Google Playファミリーライブラリ提供開始、購入コンテンツを家族で共有
[08:05 7/28] スマホとデジタル家電
ラブライブ!声優の三森すずこ、『アングリーバード』でピンクの鳥の声担当
[08:00 7/28] エンタメ
Audio PixelsとTowerJazz、MEMSラウドスピーカーチップの量産で合意
[08:00 7/28] テクノロジー
オーテクの重低音Bluetoothイヤホンは「重低音以外」もイケる
[08:00 7/28] スマホとデジタル家電