インテル、新プラットフォームのデュアルコアXeon 5000番台を発表

 

Xeon 5000シリーズ

インテルは23日、Xeonブランドの新製品「デュアルコア インテル Xeon プロセッサー 5000番台」の情報を公開、同製品を利用したシステムを主要メーカー各社が順次発売すると発表した。今回発表された5000番台のXeonは、Dempseyの開発コードネームで知られていたワークステーション/サーバー向けデュアルコアCPU。デュアルCPU構成での動作に対応する。

CPUコアは65nmのプロセスルールで製造され、パッケージは771ピンの新LGAとなるLGA 771を採用。同社のProcessor Spec Finderによればコア・ステッピングは「C1」とされている。「インテル 5000X / 5000P / 5000V」チップセットを搭載するサーバー向け「Bensley」(開発コードネーム)、およびワークステーション向け「Glidewell」(同)プラットフォームに対応しており、仮想化技術の「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」、FB-DIMMメモリのサポート、1066MHzシステムバスなどをサポートする。

Xeon 5000番台のラインナップは、5080 / 5063 / 5060 / 5050の4製品。すべてコアごと2MB×2、計4MBのL2キャッシュを搭載し、動作周波数はそれぞれ、3.73GHz / 3.20GHz / 3.20GHz / 3GHz。1,000個ロット時の価格は97,000円 / 42,000円 / 36,000円 / 24,000円。チップセットの価格は1,000個ロット時で、5000Xが12,200円、5000Pが11,800円、5000Vが8,800円。

発表されたXeon 5000番台
型番 周波数 FSB L2キャッシュ TDP 価格(1000個時)
5080 3.73GHz 1066MHz 2MB×2 130W 97,000円
5063 3.20GHz 1066MHz 2MB×2 95W 42,000円
5060 3.20GHz 1066MHz 2MB×2 130W 36,000円
5050 3GHz 667MHz 2MB×2 95W 24,000円

Bensley / Glidewellプラットフォームは、6月に登場予定で、同社の次世代アーキテクチャ「インテル Core マイクロ アーキテクチャ」採用の次世代デュアルコア Xeonプロセッサ「Woodcrest(開発コードネーム)」に引き続き対応する。また同社は、同プラットフォームとソケット互換のクアッドコア・プロセッサ「Clovertown(開発コードネーム)」の発表を2007年初頭に予定している。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

木南晴夏、滝沢秀明演じる海里の妻役に -『せいせいするほど、愛してる』
[23:00 7/26] エンタメ
坂上忍、南キャン山里の酒癖の悪さ暴露「あれはヤバイ」「最低だよ!」
[22:54 7/26] エンタメ
[浪川大輔]リメーク版「ルーツ」吹き替えしみじみ 「行き当たりばったりの人生だったな」
[22:31 7/26] エンタメ
[ボイメン水野豊]夢は紅白&レコ大 結成6年目のメジャー契約で「恩返ししたい」
[22:31 7/26] エンタメ
ツチカ、error403らユースカ作家が、閉館する渋谷パルコの壁に落描き
[22:23 7/26] ホビー