携帯インターネット利用者がPC利用者を初めて超える - 総務省

小山安博  [2006/05/19]

インターネットを利用する人のうち、携帯電話やPHSなどの移動端末で利用する人が、昨年末の時点で前年比1,000万人以上増えて7,000万人近くに達し、パソコンでのインターネット利用者を初めて逆転したことが、総務省のまとめで分かった。また、インターネット利用者も全体で8,000万人を超え、人口普及率は66.8%に達した。

インターネット利用者数と人口普及率の推移(通信利用動向調査より)

総務省が毎年行っている「通信利用動向調査」で明らかになったもので、2004年末の時点では、PC利用者が6,416万人、移動端末利用者が5,825万人だったが、移動端末利用者が大きく伸び、2005年末ではPC利用者6,601万人、移動端末利用者6,923万人と逆転。移動端末利用者の過半数となる4,862万人がPCと移動端末を併用していた。

インターネット利用端末の種類(同)

インターネット利用人口全体も、前年比で581万人増加し、初めて8,000万人を突破する8,529万人に達し、普及率は4.5ポイント増となる66.8%になった。前回調査よりも普及率は上昇しており、移動端末利用者の増加が牽引した模様だ。

すべての年齢層で、前回調査よりもインターネット利用率は増加しており、特に60歳代後半の伸びが顕著だったが、それでも60歳以上の人の利用率とそれ以下の人の利用率との開きは依然大きいまま。男女別でも、初めて女性が利用率7割を突破したが、まだ男性とは9ポイント程度の開きが残る。また、都市の規模別、世帯年収別で見てもまだ差があり、デジタルデバイドは残されたままだった。

インターネットの利用目的を聞いたところ、連絡・情報交換は携帯電話利用者が7割近くで突出、さらに音楽をダウンロードして聞いている人が、PC利用者の16.3%に対し26.2%と10ポイント近く差をつけており、逆にニュース・天気予報、商品・サービス・企業・店舗などの情報入手、物品・サービスの購入・取引はPC利用者が圧倒的に多く、それぞれの特性を生かした利用目的がうかがわれた。

また、自宅のインターネット回線はブロードバンド回線が65%と全体の2/3近くに達したが、伸びは鈍化。ただ、光回線利用率が倍増したほか、初めてDSL回線利用率が減少した。ブロードバンド回線利用者は4,707万人だった。なお、企業では光回線が15ポイント増と急増し5割を突破、こちらでもDSL回線利用率は初めて減少した。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキング、1位は?
[12:37 6/1] マネー
ソフトバンク、アリババ株式を一部売却 - アリババ株79億米ドルを資金化
[12:34 6/1] 企業IT
高島彩、第2子次女出産! ゆず北川悠仁「二児の親父、頑張ります!!」
[12:26 6/1] エンタメ
【レビュー】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが199ドルの"Polaris"ベースGPU「Radeon RX480」を電撃発表
[12:21 6/1] パソコン
バンダイ「LINE」公式アカウントが6/7オープン、たまごっちスタンプを配布
[12:12 6/1] ホビー

求人情報