MacBook登場 - iBookからMacBookへ、ノート型MacのCore Duoへの移行が完了

 

アップルコンピュータは、これまで「iBook」の名称で販売していたコンシューマ向けのノートブックに「Intel Core Duo」を採用、「MacBook」として受注を開始した。同社では「iBookより最大5倍速く、12インチPowerBookより最大4倍速い」としており、価格は13万4,800円からで、出荷は17日から開始される。これで、同社のノートブックはすべてIntel Core Duoへ移行したことになる。

CPUに1.83GHz/2.0GHzプロセッサを搭載したホワイトモデルと、2.0GHzプロセッサを搭載したブラックモデルの3モデルが用意される。FSBは667MHz、メモリはDDR2 SDRAM 512MB(最大2GB)、HDDは60GBまたは80GB、光学ドライブはDVD-ROM/CD-RWまたはSuperDrive、液晶は13.3インチのクリアワイドスクリーンTFTディスプレイ(1,280×800)で、液晶はiBookや12インチPowerBookと比べて79%明るく、よりコントラストが高いという。

1.83GHz/2.0GHzプロセッサの2モデルがラインナップしているホワイトモデル

2.0GHzプロセッサを搭載するブラックモデル

インタフェースとしてはFireWire 400×1、USB2.0×2、Mini DVI×1、10/100/1000Base-T、AireMac Extreme/Bluetoothなどを装備する。iSightカメラ、MacSafe電源アダプタ、Apple RemoteコントローラとFront Row、iLife '06など、MacBook Proでも搭載されていた新機能も網羅した。

本体サイズは325(W)×275(H)×27.5(D)mm、2.36kgで、価格は1.83GHzモデルが13万4,800円、2.0GHzホワイトモデルが15万9,800円、2.0GHzブラックモデルが17万9,800円。いずれも同社直販サイトではBTOに対応する。

また同社では、15インチMacBook Proのクロックスピードを上げ、価格据え置きで販売する。価格30万9,800円のモデルはCPUを2.0GHzから2.16GHzに、24万9,800円モデルは1.83GHzから2.0GHzに高速化する。また、15/17インチモデルいずれについても、CTOオプションとしてクリアワイドスクリーンディスプレイを無料で選択できるようにする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

船越英一郎、亡き父が演じた役に挑戦 -『黒い十人の女』を連ドラでリメイク
[06:00 7/29] エンタメ
ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡へ - 具体的な対象範囲は今後精査
[06:00 7/29] テクノロジー
うーさん 第9回 うさん
[06:00 7/29] ライフスタイル
山本舞香、髪をバッサリ切ってイメージ一新!蕎麦職人になりたい家出娘に
[05:00 7/29] エンタメ
[福士蒼汰]主演映画で大阪弁に挑戦 “やすきよ”漫才で勉強
[05:00 7/29] エンタメ