MacBook登場 - iBookからMacBookへ、ノート型MacのCore Duoへの移行が完了

 

アップルコンピュータは、これまで「iBook」の名称で販売していたコンシューマ向けのノートブックに「Intel Core Duo」を採用、「MacBook」として受注を開始した。同社では「iBookより最大5倍速く、12インチPowerBookより最大4倍速い」としており、価格は13万4,800円からで、出荷は17日から開始される。これで、同社のノートブックはすべてIntel Core Duoへ移行したことになる。

CPUに1.83GHz/2.0GHzプロセッサを搭載したホワイトモデルと、2.0GHzプロセッサを搭載したブラックモデルの3モデルが用意される。FSBは667MHz、メモリはDDR2 SDRAM 512MB(最大2GB)、HDDは60GBまたは80GB、光学ドライブはDVD-ROM/CD-RWまたはSuperDrive、液晶は13.3インチのクリアワイドスクリーンTFTディスプレイ(1,280×800)で、液晶はiBookや12インチPowerBookと比べて79%明るく、よりコントラストが高いという。

1.83GHz/2.0GHzプロセッサの2モデルがラインナップしているホワイトモデル

2.0GHzプロセッサを搭載するブラックモデル

インタフェースとしてはFireWire 400×1、USB2.0×2、Mini DVI×1、10/100/1000Base-T、AireMac Extreme/Bluetoothなどを装備する。iSightカメラ、MacSafe電源アダプタ、Apple RemoteコントローラとFront Row、iLife '06など、MacBook Proでも搭載されていた新機能も網羅した。

本体サイズは325(W)×275(H)×27.5(D)mm、2.36kgで、価格は1.83GHzモデルが13万4,800円、2.0GHzホワイトモデルが15万9,800円、2.0GHzブラックモデルが17万9,800円。いずれも同社直販サイトではBTOに対応する。

また同社では、15インチMacBook Proのクロックスピードを上げ、価格据え置きで販売する。価格30万9,800円のモデルはCPUを2.0GHzから2.16GHzに、24万9,800円モデルは1.83GHzから2.0GHzに高速化する。また、15/17インチモデルいずれについても、CTOオプションとしてクリアワイドスクリーンディスプレイを無料で選択できるようにする。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

SMAP、解散発表後『スマスマ』で連携プレー - 中居「タイムリーといえば?」
[23:25 8/29] エンタメ
[魔法少女育成計画]追加キャストに水瀬いのり、日笠陽子、西明日香 姉妹声優が双子役に
[22:26 8/29] ホビー
[ガーリッシュ ナンバー]キービジュアル公開 主人公は可愛くクズな新人声優
[22:23 8/29] ホビー
「黒執事」茶屋や「鬼灯の冷徹」原画展、京まふの詳細が続々と明らかに
[22:18 8/29] ホビー
オリラジ中田、しくじり先生発特番『中田歴史塾』9・11放送 - 企画構想7カ月
[22:08 8/29] エンタメ