全長1.5m、30万円のガンプラ予約受付開始 - ゲームも模型もロボットが熱い

 

子供の背丈サイズのガンプラ、予約を受付開始

ソフマップ秋葉原本店で、バンダイが発売する1/12スケールという大型のガンダム模型の予約受付が開始されている。これは「RX-78-2 ガンダム」、そう初代ガンダムで、模型のサイズは約150cmと非常に大きい。以前同じスケールではシャア専用ザクが2001年、2005年に発売されていたが、今回は堂々の主役メカだ。発売予定は12月とまだまだ先だが、今年は同じく年末にガンダムDVD BOXが発売になるということもあり、話題には事欠かない。同店での予約価格は299,800円とサイズ同様高価だが、昔からのファンにとっても気になる一品となるだろう。

12月と先の話ではあるが、150cmというサイズのガンダムは、昔1/60スケールモデルなどを購入できなくて悔しい思いをした多くの人にとって、夢のようなアイテムと言えるのではないだろうか

ゲームでもアニメ原作作品が今週は熱い!

ゲームソフト最新リリースでの一押しは、秋葉原らしくアニメ作品。今春放映を終了したばかりの『交響詩篇 エウレカセブン』のゲーム最新作「エウレカセブン NEW VISION」だ。ゲームの前作とTVアニメ第1話をつなぐことになるストーリーが楽しめる。前作同様、原作の魅力であったニルヴァーシュやジ・エンドといったLFO(ロボット)での戦闘を楽しめるミッションモードもあり、新たなる『エウレカセブン』の世界を楽しめる。プレイステーション2用タイトルで、販売はバンダイ。同店での販売価格は6,279円となっていた。

アクションゲームとして楽しむだけでなく、原作の世界観をより理解できるストーリーも楽しみなポイントだ

ゴールデンウィークを挟んで、新作アニメの主題歌発売ラッシュが続く

春の番組改編で開始となった新作アニメの主題歌は、今週も続々と発売になっている。なかでも『.hack//Roots』のエンディングテーマ「亡國覚醒カタルシス」や、『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディングテーマ「ハレ晴レユカイ」は好調な売れ行きで、ご紹介頂いたヤマギワソフト アニメ館では発売日翌日時点ですでに売り切れ状態となっていた。もちろんエンディングテーマだけでなく、オープニングテーマも入荷しており、こちらはまだ在庫がある状態となっていた。

「只今 品切れ中」のPOPが目立つニューリリース棚。この時期は、新作アニメの主題歌が所狭しと並んでいる

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オージス総研、四国電力のグループ間システム連携基盤を再構築
[10:22 6/30] 企業IT
【レポート】ラジオ再浮上に1つの可能性 - ネットとの融合は進むか
[10:18 6/30] 経営・ビジネス
ASJの「A-SaaS」、勤怠管理クラウドサービス「CLOUZA」とデータ連携
[10:13 6/30] 企業IT
NEC、日米間を結ぶ光海底ケーブル「FASTER」の建設完了
[10:09 6/30] 企業IT
Windows 10 Anniversary Updateの企業向けセキュリティ機能を強化
[10:08 6/30] 企業IT

本音ランキング