Google Book Search日本版「Google ブック検索」、日本ではどう動くか

参考にするならWebより書籍へ---Googleは、米国などで展開している「Google Book Search」を日本で開始するため、パートナーとなる出版社の募集を開始した。順調に進めば、年内に「Google ブック検索」ベータ版の提供を開始したい意向。現在、サービス内容を記した「Google ブック検索について」、出版社からの申し出を受ける「パートナー プログラム」、「著者の皆様へ」などのページを用意している。

Google Book Searchは書籍内容を検索できるサービス。タイトルや本文に、ユーザーが求めるキーワードを含む書籍を探すことができる。ヒットした書籍名をクリックすると、図書館カード カタログのような「スニペット表示」が現れ、ここでは、タイトル・著者・表紙などの書籍情報、キーワードが使われている回数、キーワードを含む文章の一部抜粋(3カ所まで)を閲覧できる。また、新しい検索キーワードを入力して、書籍の中を再度検索することも可能。ただし、「数パーセントは絶対見れない部分を残してある」(同社)という。

また、該当する書籍の出版社がパートナーである場合は、「サンプルページ表示」が表示される。「サンプルページ表示」では、「スニペット表示」がキーワード前後の本文数行を抜粋するのに対し、キーワードを含む数ページを閲覧することができる(著作権の保護期間が切れている場合は、「書籍全体表示」で全ページの閲覧が可能)。このほか、タイトル・著者・表紙などの基本情報や、提供元の出版社が指定した「この本を購入」リンクが表示される。なお、サンプルとして表示される数ページは、Googleが出版社から提供された書籍を、自社開発のOCRを利用してデータ化したもの、あるいは、出版社がパートナーページでアップロードしたPDFファイルがもとになる。

Google Book Searchの展開に関しては、図書館の蔵書を登録する「図書館プロジェクト」において批判が出ているが、当面日本で同プロジェクトを進める予定はなく、出版社中心となるという。同社は「英国、米国では、大手の出版社のほとんどと契約している。当然、出版社から出される書籍の方がWebよりも信頼性が高い。『Google ブック検索』は、書籍との出会いをプロデュースできるサービスだ」とし、日本でも同様の"歓迎"を期待している。すでに数社と交渉段階にあるようだ。

Google ブック パートナー プログラムへの、出版社の参加費は無料。基本的には書籍送付に関連する費用のみ負担になるという。出版社から提供された書籍のスキャンは、日本ではなく米国で行う。またGoogleは、各出版社の書籍情報ページ内に表示される広告の一部収益を収入源とする一方、一部を出版社に支払うという。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報