Skypeも一般回線も両方使える - デュアルモードコードレスフォン発表

 

パイオニアコミュニケーションズは、一般回線とSkypeに対応したコードレスフォン「TF-FS55M-S」を発表した。一般電話の発着信ができるほか、通常のコードレスフォンに近い感覚でSkype通話ができる。一般電話とSkypeの同時待ち受けも可能。6月上旬発売予定でオープン価格。市場想定価格は15,000円弱。

一般回線とSkypeに対応したコードレスフォン「TF-FS55M-S」

TF-FS55M-Sには、Skype連携のアプリケーションCD-ROMが付属している。SkypeがインストールされているPCに同連携アプリケーションをインストールし、本機とUSB接続することで、一般電話のほかSkypeコードレスフォンとしても機能するようになる。

Skype使用時には子機液晶へのコンタクトリストのログイン状態表示、コンタクトリストや発着信履歴からの発信、ログイン状態の変更などの操作を直接子機側から行うことができる。通常の電話機としての機能は、カタカナ電話帳100件、お気に入りダイヤル10件、モーニングコール、特大受話音量などがある。

Skype機能の対応OSはWindows 2000 / XP。

TF-FS55M-Sの主な仕様
電源 親機 AC 100V(50/60Hz)、子機 DC 2.4V(Ni-cd電池)
消費電力 親機動作時最大約 3.3W(待機時約 2.9W)
子機連続通話時間 約9時間
待受け時間 約160時間
充電時間 約10時間
外形寸法 親機 約86(W)×99(H)×171mm(D)、子機 約43(W)×172(H)×43mm(D)
対応OS Windows 2000 Professional、Windows XP Home Edition / Professional 標準インストール(日本語版のみ)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Facebookの月間利用者数が17億人突破、来年に20億人到達の可能性
[08:08 7/28] 企業IT
Google Playファミリーライブラリ提供開始、購入コンテンツを家族で共有
[08:05 7/28] スマホとデジタル家電
ラブライブ!声優の三森すずこ、『アングリーバード』でピンクの鳥の声担当
[08:00 7/28] エンタメ
Audio PixelsとTowerJazz、MEMSラウドスピーカーチップの量産で合意
[08:00 7/28] テクノロジー
オーテクの重低音Bluetoothイヤホンは「重低音以外」もイケる
[08:00 7/28] スマホとデジタル家電