Earth上にバーチャル世界を築く! Googleが「SketchUp」を無料提供

 

米Googleは4月27日、3Dデザインソフト「Google SketchUp」の無料提供を開始した。対応OSはWindows XP/2000。Mac OS X版も間もなくリリースされる予定だという。専用サイトからダウンロード入手できる。

SketchUpは同社が3月に買収した@Last Softwareが開発しているソフトで、紙に鉛筆でスケッチするような感覚で3Dオブジェクトを作成できる使いやすさと、プロ向けにも通用するパワフルな機能を兼ね備える。無料版のGoogle SketchUpは、手軽な3Dモデリングに重点を置いた一般向けソフトだ。有料版の「SketchUp 5」(495ドル) も引き続き提供される。こちらはプロ向けのデザイン機能、豊富なファイル形式のインポート/エクスポート、高解像度での印刷/エクスポート、複雑なインタラクティブ・プレゼンテーションの作成などが可能。電子メールによる2年間の無料テクニカルサポートも付属する。

Google SketchUp、SketchUp 5ともに、Googleのマップソフト「Google Earth」との連係機能を備えており、3Dモデルを自由にGoogle Earth上に配置できる。@Last Softwareの創設者であるBrad Schell氏は、「(Google SketchUpを使って) 新しいキッチンやテラス、理想の庭などをモデルしたり、ローラーコースターや中世の城などを作って先生を驚かせてください。完成したモデルをGoogle Earthに配置すれば、バーチャルワールドの始まりです。3Dでアイディアが形になると、時間を忘れて没頭してしまいます。夜明かしすることになるかもしれないので、ディナーの後はおすすめできません」と述べる。

鉛筆でスケッチするような感覚で3Dオブジェクトを作成

作成した3DモデルをGoogle Earthにエクスポート

Googleが作成したAppleキャンパス

Google作成のエンパイアステートビル

Googleはまた、作成した3Dモデルを公開・共有する場として3D Warehouseを用意している。SketchUpで作成した3Dモデルを保存した後、メニューバーの[Google]から[Share Model]を選択し、タイトルやタグなどを入力して[Upload]ボタンを押すだけで公開できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

メルセデス・ベンツ、新型「Eクラス」を発表-運転の負担減らす新技術を搭載
[18:46 7/27] テクノロジー
猫のきにゃと、ごとうさん 第68回 無限ループ
[18:45 7/27] 趣味
次世代の無線LAN「802.11ac Wave2」は最大3倍のスループットに - Wi-Fi Allianceが推進中
[18:45 7/27] パソコン
猫のきにゃと、ごとうさん 第67回 なぜそのタイミングで
[18:45 7/27] 趣味
おとよめ~夫婦別リアクション~ 第21回 洗濯ルール
[18:44 7/27] ライフスタイル