天然ガスで走る、スタイリッシュな3輪エコバイク「CLEVER」発表

 

英国のUniversity of Bath(バース大学)は、欧州各国の企業や大学と共同で研究開発を進めてきた次世代ビークル「CLEVER」の発表を行った。スタイリッシュなデザインを採用して、乗用車のように快適な乗り心地を実現することを目指しつつ、環境性能の高いコンパクト3輪自動車に仕上がっている。

開発が進められている3輪自動車「CLEVER」

CLEVERは、欧州連合(EU)が出資するUK150万ポンドのプロジェクトで、都市部で利用するコンパクトな低排出ガス車「Compact Low Emission Vehicle for Urban Transport」を意味するネーミングになっているという。University of Bathに加えて、独Technische Universitaet Berlin、仏Institut Francais Du Petrole、オーストリアのInstitut Fuer Verkehrswesenなどの大学の研究者が、独BMWを始めとする企業・団体の協力を得て、2002年12月よりプロジェクトが進められてきた。

シックなツートンカラーに仕上げられたCLEVERのボディにはアルミニウム製のフレームが用いられ、車幅1m未満で、非常にコンパクトなサイズを実現しているという。しかしながら、2列シートを装備して、一般的な乗用車と同じ高さの乗車スペースを維持することで、大人2名でも無理なく搭乗可能とされる。

CLEVERには、オーストリアのRotaxがBMW製のスクーター「C1」に供給しているエンジンと同型だが230ccに拡大されたエンジンが採用されており、最高時速は約100km。停止状態から約7秒で時速60kmまで加速する性能を備えているという。仏Institut Francais Du Petroleの研究者チームが、圧縮天然ガス(CNG)燃料で駆動するようにエンジンを改良したとされ、二酸化炭素の排出量は、一般的なガソリン燃料のファミリーカーの約3分の1に抑えられるとされている。

CLEVERの最大の特徴の1つには、自動傾き制御装置の搭載が挙げられる。University of BathのCentre for Power Transmission & Motion Controlで研究を進めるMatt Barker氏およびBen Drew氏が、英Cooper-Avon Tyresと共同で開発した同制御装置は、カーブのコーナリングにおいて車体を傾ける量を電子的に自動制御する。このためCLEVERでは、オートバイのようにライダーが意識して車体を傾けなくても、安定走行が可能になっているという。

アルミニウム製のフレームが用いられている

自動傾き制御装置の開発を進めたMatt Barker氏およびBen Drew氏

University of Bathで、CLEVERの開発チームに参加したJos Darling博士は「21世紀にふさわしい乗り物を開発する道のりは、CLEVERによって大きく前進した」とコメントしている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

レディー・ガガ、運転免許取得後2週間で警察に止められる
[15:54 7/24] エンタメ
和田アキ子、『ポケモンGO』で歩きスマホ心配「捕まえたい思いの方が強い」
[15:44 7/24] エンタメ
[川島海荷]「9nine」を脱退 ラスト公演でファン涙
[15:05 7/24] エンタメ
[アイカツ!]応援上映でライブのような熱狂 「うんうん、それもまたアイカツ!だね」に歓声も
[15:00 7/24] ホビー
TVアニメ『競女!!!!!!!!』、2016年10月放送開始! ティザーPVを公開
[15:00 7/24] ホビー