今年の夏も熱い! Google Summer of Code 2006開催決定

Googleは14日(米国時間)、昨年に引続き今年も「Google Summer of Code」を開催することを発表した。Googleが発表する以前から、The FreeBSD ProjectはSoC 2006へ向けた募集独自に始めていた。これまでGoogleから正式な発表がなく、開催されるかどうか不明だったが、Googleから正式な発表がおこなわれたことで「Google Summer of Code 2006」が開催されることが確実になった。今夏も学生ハッカーたちは熱い夏を迎えることになりそうだ。

Google Summer of CodeはGoogle主催のもと、OSS開発に携わりたい学生を対象にしておこなわれるプログラミングコンテスト。学生はOSS後援団体の支援のもとでGoogle Summer of Codeに参加することができ、エントリに成功した学生は、提案したプロジェクトが成功すれば4500米ドルの賞金を手にすることができる。成功した場合、後援団体には500米ドルが進呈される。

昨年開催された「Google Summer of Code 2005」では、419人の学生が参加し、8744アプリケーションがエントリされた。最終的に全体の80%に登るプロジェクトが成功を納めたとされている。

昨年参加したOSS 後援団体にはThe Apache Software Foundation、The FreeBSD Project、The GNOME Project、Gaim、The KDE Project、The NetBSD Project、PHP、PostgreSQL、The Python Software Foundation、Subversion、The GNU Project、The Mono Project、The Perl Foundation、The Wine Projectなどがある。

Google Summer of Codeにはそれぞれの立場から利益がある。Googleは若く有望な技術者の発掘や技術の創出、学生はOSSプロジェクトへの参加の機会と賞金、後援団体は若者の発掘と賞金といった3者全得の関係があることが特徴的。

Google Summer of Code 2005において採用されたプロジェクトには興味深いものが多かった。今年も多くの若者によってOSSプロジェクトに新風が吹き込まれることが期待される。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

求人情報