速報 - Intel MacでWindows起動公式サポート、アップル"Boot Camp"公開

 

アップルコンピュータは、CPUにIntel製品を搭載したいわゆる「Intel Mac」で、Windows XPの利用を可能にするソフトウェア「Boot Camp」を公開した。パブリックベータ版としてすでにダウンロードが可能になっており、無料で利用が可能。Intel MacでのWindows起動は、すでに米国の個人ユーザーが実現しているが、アップル自身が公式に手段を提供したことになる。Mac OS X 10.4.6以降、起動ディスク上に最低10GBの空きスペース、ブランクCD/DVDを持っていることが条件。もちろん、Windows XP Home Edition/Professional SP2のインストールディスクも必要だ。

Boot Campをインストールすると、HDD上にパーティションを作成、Windows XPのインストールをすることが可能となる。パーティションの作成時、Mac OS Xの情報は保持することができる。また、Windowsのブートが必要なくなったときはBoot Campにより、Windowsパーティションを消去することができる。

Windows XPをインストールしたあとは、"alt"キーを押しながら再起動し、MacとWindowsの起動を選択することができる。

Boot Campは、期間限定のベータ版の扱いで、正式版は今年8月にプレビュー予定の次期Mac OS X 10.5「Leopard」に含まれる予定だ。アップルはBoot Campへのサポートは提供しないほか、「Windowsを販売またはサポートすることについての計画も意向も持っていない」(米Apple Computerワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント フィリップ・シラー氏)。

また、シラー氏は、Boot Campについて「Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザに対して、Macをより魅力的にするものである」としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[朝が来る]テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ
[08:00 7/30] エンタメ
偽Pokemon GOアプリから身を守る方法
[08:00 7/30] 企業IT
ベッキー、武道館イベントに感激「ただただ幸せ」騒動後初めてファンの前に
[08:00 7/30] エンタメ
吉木りさ&和田正人、ブログで交際宣言「あたたかい目で見守って」
[08:00 7/30] エンタメ
鉄道トリビア 第365回 全国に4駅ある赤坂駅と愛媛県の五十崎駅、その共通点は…
[08:00 7/30] ホビー