速報 - Intel MacでWindows起動公式サポート、アップル"Boot Camp"公開

 

アップルコンピュータは、CPUにIntel製品を搭載したいわゆる「Intel Mac」で、Windows XPの利用を可能にするソフトウェア「Boot Camp」を公開した。パブリックベータ版としてすでにダウンロードが可能になっており、無料で利用が可能。Intel MacでのWindows起動は、すでに米国の個人ユーザーが実現しているが、アップル自身が公式に手段を提供したことになる。Mac OS X 10.4.6以降、起動ディスク上に最低10GBの空きスペース、ブランクCD/DVDを持っていることが条件。もちろん、Windows XP Home Edition/Professional SP2のインストールディスクも必要だ。

Boot Campをインストールすると、HDD上にパーティションを作成、Windows XPのインストールをすることが可能となる。パーティションの作成時、Mac OS Xの情報は保持することができる。また、Windowsのブートが必要なくなったときはBoot Campにより、Windowsパーティションを消去することができる。

Windows XPをインストールしたあとは、"alt"キーを押しながら再起動し、MacとWindowsの起動を選択することができる。

Boot Campは、期間限定のベータ版の扱いで、正式版は今年8月にプレビュー予定の次期Mac OS X 10.5「Leopard」に含まれる予定だ。アップルはBoot Campへのサポートは提供しないほか、「Windowsを販売またはサポートすることについての計画も意向も持っていない」(米Apple Computerワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント フィリップ・シラー氏)。

また、シラー氏は、Boot Campについて「Macへの乗り換えを考えているWindowsユーザに対して、Macをより魅力的にするものである」としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「Windows 10 Anniversary Update」は8月2日リリース - Microsoftが発表
[02:46 6/30] パソコン
[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ