ゆりかもめ、有明-豊洲間を延伸開業

新交通「ゆりかもめ」は27日、これまで新橋-有明間で営業してきた路線を有明側に延伸し、有明-豊洲の約2.7km区間を新たに開業した。

江東区豊洲文化センターで行われた記念式典

有明テニスの森、市場前、新豊洲、豊洲の4駅が新たに設置された

「ゆりかもめ」は正式名称を東京臨海新交通臨海線といい、1995年11月に新橋-有明間12.0kmを開業した。1996年に開催予定だった世界都市博覧会の中止で業績が不安視されていたこともあったが、お台場の観光スポットとしての認知が進み、台場・有明地区への足として活発に利用されている。

延伸部の終点にあたる豊洲駅では有楽町線に接続し、東京メトロから乗り換え時の利便性が高まることによるゆりかもめ利用者の拡大が期待されている。また、東京ビッグサイトでの大規模イベント開催時や、毎年ゆりかもめの利用者が最大となる8月の東京湾大華火祭では、臨海地区へのアクセスルートが限られているために混雑が発生していたため、ルートを分散することで混雑緩和につなげる。

延伸開業前の25日には、運行会社のゆりかもめと東京都の共催で記念式典が開催され、豊洲駅にて出発式などが行われた。出発式では石原慎太郎東京都知事が一番電車に試乗し、延伸区間沿線の様子をながめた。ゆりかもめは、一般的な鉄道に比べて簡易な高架構造で済む新交通システムの特徴を活かし、下を走る道路と一体で整備されているが、この日はあわせて開通した有明北橋・晴海大橋の渡り初め式なども開催され、周辺の街づくりがひとつの節目を迎えるムードを高めていた。

ホームは既開業の各駅とほぼ同じ

豊洲駅は有明側に折り返し設備を持つ。行く先に隣の2駅が見えている

先頭車両の一番前に乗車して沿線の説明を受ける石原都知事

有明方面に向けて豊洲駅を出発

工場や倉庫が移転した後の晴海・豊洲地区は「東京インナーハーバー」と名付けられ再開発が進められている。記念式典の日に渡り初めが行われた晴海大橋の近くでは、臨港消防署の祝賀放水が行われていた

建設中でまだ途切れ途切れの首都高速道路晴海線や、造成中の埋め立て地の向こうに見える団地など、都市開発系の風景が好きな方には見応えがある路線かもしれない

左下が有楽町線駅の出口で、開業時にはゆりかもめ駅と直接は接続しないが、奥のビルがオープンすれば雨の日でも全くぬれずに乗り換えられるようになる予定

豊洲から先、勝どきへの延伸が考慮されており、終端は晴海通りに沿って曲がれるような形になっている。同区間は「2015年までに整備着手することが適当」(2000年1月・運輸政策審議会答申による)な路線に位置づけられているが、具体的な延伸計画はまだない

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事