GlobalFlyer、76時間45分で無着陸無給油の世界最長飛行記録を樹立

湯木進悟  [2006/02/14]

Virgin Atlantic Airwaysの特殊設計飛行機「GlobalFlyer」は、無着陸・無給油での世界最長飛行記録の樹立に成功した。数々のトラブルに見舞われたものの、当初の計画通り、最初のアタックで「Longest Non Stop Flight」のギネス記録に認定された。

GlobalFlyer

GlobalFlyerは、豊富な燃料を搭載できるように、オリジナルの設計で仕上げられた飛行機。民間機による初の弾道宇宙飛行を成し遂げた「SpaceShipOne」ロケットの設計者でもあるBurt Rutan氏のデザインをベースにして、開発が進められたとされる。すでに2005年3月には、18,100ポンド(約6,760キログラム)の燃料を積み、Steve Fossett氏の操縦により、米国カンザス州サリーナの空港から離陸、無着陸・無給油で世界を1周して、再び同空港へ帰還する飛行に成功したと伝えられている。

Steve Fossett氏

Steve Fossett氏はその後、新たな挑戦として、無着陸・無給油で単独世界1周飛行を達成したのち、そのまま2度目の大西洋横断飛行を続け、英国ロンドンのケント国際空港への着陸を目指す計画を発表。2月8日の午前7時22分(米東部標準時)に、米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから飛び立ち、記録への挑戦を開始したという。

ケネディ宇宙センターより離陸後に飛行中のGlobalFlyer

離陸後の数時間で、貴重な燃料750ポンド(約280kg)が失われるなど、トラブルも報告されたようだが、大西洋を2度渡り、アイルランドのシャノン上空を飛行中、26,000マイル(約41,840km)の距離を超えた時点で、世界最長飛行記録の達成が確実に。しかしながら、その直後、ジェネレーターのトラブルで停電が発生、ケント国際空港までの飛行が困難となり、以前に同氏が着陸した経験のある、付近のボーンマス空港へと急遽、着陸地点が変更されたという。着陸時には車輪がパンクし、危険な状況であったものの、26,389.3マイル(約42,470km)を76時間45分で飛行する記録が打ち立てられた。

同氏は、着陸後のコメントで、元気に記録樹立の喜びを語りつつ、さらなる冒険への意欲を表明した。

コックピットからの風景



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータとネットイヤーグループ、流通業界へのオムニチャネル推進で協業
[09:00 5/28] 企業IT
自分に適したヘアケア方法や将来なりやすい病気がわかる遺伝子検査スタート
[09:00 5/28] ヘルスケア
【連載】鉄道トリビア 第356回 ひたちなか海浜鉄道は、総延長約2万1,000kmの路線の一部である
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『この美術部には問題がある!』、キービジュ&追加キャスト公開
[08:00 5/28] ホビー
TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵』、追加キャストに立木文彦や谷山紀章ら
[07:30 5/28] ホビー

特別企画 PR

求人情報