情報処理推進機構、国内オープンソース拠点「OSSセンター」を設立

情報処理推進機構(IPA)は1月4日、国内におけるオープンソースソフトウェアの普及促進拠点「オープンソースソフトウェア・センター」(略称:OSSセンター)の設立を発表した。センター長には前産業技術総合研究所・主任研究員の田代秀一氏が就任、IPAソフトウェア開発支援部オープンソースソフトウェアグループの業務は1月1日付でOSSセンターに引き継がれる。

OSSセンターは従来IPA本体が担っていた役割を引き継ぎ、日本OSS推進フォーラムとの連携のもと、オープンソースソフトウェア(OSS)の基盤整備、情報集約と発信、普及促進を目指す。

「基盤整備」としては、OSSの性能評価、OSSを利用したデスクトップ環境の導入を始めとする実証実験、OSS開発プロジェクトの開発支援を挙げている。「情報集約と発信」では、OSS関連情報データベース(OSS iPedia)の構築を開始、OSS用語集や主要OSS一覧の制作を行い、2006年春の公開を予定している。「普及促進」では、OSS導入事例の収集や各種情報提供、法的課題に関する調査を実施して提言を行う方針が明らかにされた。なお、オープンソースソフトウェア関連情報データベースの構築に関し、1月5日付で公募が開始されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事