新社名は方向性変化のシグナル - 米CAのスウェインソンCEO

米コンピュータ・アソシエイツ(CA)のジョン・スウェインソンCEO兼社長が来日し、新たなCI、同社の位置づけのいっそうの明確化など、同社の改革戦略の目的と背景について語った。同社は11月に、「CA」への名称変更を含む新ブランディング・プログラムを開始している。スウェインソンCEOは「日本は重要な戦略的市場であり、さらにシェアを拡大したい。人材確保やパートナーシップの構築に力を入れる」と述べた。

米CAのジョン・スウェインソンCEO兼社長

社名の刷新については「市場の声を調査したところ、CAに対して抱かれている印象が混乱していることがわかった。主として何を扱っている企業なのか理解されていない傾向があった。コンピュータ・アソシエイツという名のブランドは必ずしもよいものではないのかもしれないと考えた。しかし、コンサルタントなどとの協議の結果、社名を完全に変更するのは賢明ではないが、方向性の変化を示すシグナルは出すべきだということになり、『CA』とした。ロゴもシンプルにしたが、過去をすべて断ち切っているわけではない」としている。

新生CAのロゴ

企業のIT管理の統合化を図る「EITM(Enterprise Information Technology Management)」構想は「CAのビジョンであり、アーキテクチャーの方向性を示すものだ。これで製品ラインナップを統合する。プラットフォーム層に共通のサービスを備え、インタフェースをカプセル化してサービスを提供する。従来、一連の製品相互の間には関連性が薄かったが、それぞれをモジュール的にして、全体としてはスイートのようにできる。CAは、大規模な企業にだけ製品を供給しているわけではない。ここまでのソリューションは必要ない、という企業もあるので、モジュール化とともに柔軟性を高めた」(スウェインソンCEO)という。

一方、セキュリティ関連の市場について、スウェインソンCEOは「競争が激化している。アンチウイルスなどの領域では、シマンテック、トレンドマイクロ、マカフィーが競合ということになるが、市場規模としては小さい。CAはもう一つ別のセキュリティ市場に焦点をしぼっている。ID、アクセスの管理、ここで強力な位置にある」と自信を示す。

日本版SOX法への取り組みでは「テクノロジー志向ではなく、ビジネスが主体のプロセスになる。どこかの単一の製品だけでSOX法に対応することは困難だ。まず、ビジネスプロセスの自動化が必要だ」(同)。

コンピュータ・アソシエイツのジョン・リューベン社長

コンピュータ・アソシエイツ(日本法人)の社長に就任した、ジョン・リューベン アジア太平洋および日本地域担当シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャは「日本市場は潜在力が大きい。ただ、ITが高度に洗練されており、要求は厳しい。この地域での成長の鍵は、適切なパートナーシップだ。CAの能力とパートナーの力を融合させることで、真の問題解決につながるソリューションを提供できる」と指摘、あらためてパートナー戦略の重要性を強調した。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事