JEITA、「2005年地上デジタル放送受信機国内出荷実績」10月分を発表

 

22日、JEITA(財団法人 電子技術情報産業協会)は「2005年地上デジタル放送受信機国内出荷実績」の10月分を発表した。統計によると、地上デジタル放送に対応したテレビやDVDレコーダー、専用チューナーなどの10月の出荷台数は、合計で45万3千台となっており、2004年12月に次いで2番目となる高い数値をマークした。

これにより、9月に、ついに600万台を越えた累計出荷台数は、662万4千台まで数値を伸ばしている。また、テレビに限れば、地上デジタル放送対応の製品は過去最高となる32万5千台が出荷されており、前年同月比では211.5%という高い伸びを示した。テレビ全体の出荷台数は71万9千台で、そのうち45%以上が地上デジタル放送対応タイプだったことになる。

内訳を見てみると、ブラウン管タイプの地上デジタル放送対応テレビは減少傾向が続いており、10月は7千台の出荷に留まったが、プラズマタイプの地上デジタル放送対応テレビは、5万2千台、液晶タイプの地上デジタル放送対応テレビは26万5千台と、ともに2004年12月に次ぐ高水準。ボーナスや年末の需要期はこれからで、11月~12月には、さらなる出荷台数の伸びや普及率の向上が見込まれる。

また、同時に発表された「民生用電子機器国内出荷実績」の10月分によると、前年度比109.2%と3か月続けて前年同月を上回っており、全体的に景気が回復してきていることが伺える。

地上デジタル放送受信機国内出荷実績

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー