50時間踊りながらウォークマンを聴けるのか - 渋谷で発売カウントダウン

 

「ウォークマン発売まであと2日!」17日朝、東京・渋谷駅前QFRONTビルの大型ビジョンにこんな広告が映し出された。そうか、9月に発表されたウォークマンがついに今週末発売か、と思って画面を見ていると、続いて「発売まで踊りつづけることができるのか? 向こうのビル5F!」という文字が。矢印で指された「向こうのビル」を見ると……

「発売まで踊りつづけることができるのか?」と矢印で「向こうのビル」を示され……

「向こうのビル」の中程に何かが……

ネットワークウォークマンの形にフチ取りされたショーウィンドーの中で、3人のダンサーが踊っている。

なんと、窓の外に向かって踊っている人が

これは、ソニーとソニーマーケティングによって実施されているプロモーションイベントで、ネットワークウォークマン新製品が発売される19日午前11時まで丸50時間、ダンサーがウォークマンで音楽を聴きながら踊り続け、渋谷駅前の街頭ビジョンを使って新ウォークマン登場までのカウントダウンを行うというもの。この「50時間」という期間は、フラッシュメモリタイプの新製品「NW-A608/607/605」が最大約50時間の連続再生に対応していることに由来しており、カウントダウンイベントを通じてバッテリ持続時間の長さをアピールしたいねらい。

HDD20GB の「NW-A3000」。最大約35時間連続再生可能。写真はソニースタイル限定色のブラック

HDD6GB の「NW-A1000」。最大約20時間連続再生可能

フラッシュメモリ2GBの「NW-A608」。最大約50時間再生可能。写真はソニースタイル限定色のエメラルドブルー

19日午前11時までの間、QFRONTビルなど渋谷駅前の街頭ビジョン3画面を利用して定期的にイベントの告知が行われるほか、製品CMも集中的に上映されるという。なお、もちろん一人のダンサーが50時間を通して踊り続けるのではなく、リレー形式で交代しながらイベントをまっとうするのだが、往来もあまりないであろう深夜・早朝もダンスは休まず続けられるということで、ウォークマンにとってもダンサーにとってもハードなイベントになりそうだ。

製品CMも集中展開される

かなりハードな動きもあるので、ダンス開始から30分ほどで次の方々に交代していた

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ドコモと仙台市、ドローンなどICT利用で活力ある街作りで連携
[10:15 8/30] 企業IT
プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー