S3、PCI-E対応GPU「Chrome S20シリーズ」を発表 - 90nm技術を採用

 

VIA TechnologiesのジョイントベンチャーであるS3 Graphicsは11月3日(中国時間)、同社としては第4世代となるDirectX 9.0準拠のGPU製品「Chrome S20 Series PCI Express Graphics Processor」を発表した。ハイエンドモデルの「Chrome S27」と普及型の「Chrome S25」の2種類の製品が用意されている。富士通の90nm製造プロセスの採用により、電力消費効率化を実現、静音動作を可能にしている点が大きな特徴である。また、DDR1~DDR3までの複数のメモリインタフェースをサポートしており、価格や目的に合わせてさまざまな組み合わせが実現できるようになっている。

Chrome S27

ハイエンドモデルのS27は700MHzのコアクロックで動作し、業界最高クラスの単位消費電力あたりのパフォーマンスを実現しているという。GDDR1/GDDR2/GDDR3をサポート。同社の新技術である「MultiChrome」により、デュアルGPU構成または複数のS27搭載ビデオカードを組み合わせることで演算能力を向上できるなど、柔軟性の高い運用が可能となっている。4つのバーテックスシェーダと8つのピクセルシェーダを搭載し、最大で毎秒56億のピクセルシェーダ処理が可能。HDTV 1080pに対応し、最新のプログラマブルビデオ処理エンジンのChromotion 3.0により、WMV-HDなど各種HD映像をスムーズに再生できる。

一方のS25は、8ユニットのピクセルシェーダを搭載したミッドレンジから普及帯向けのGPUで、価格あたりのパフォーマンスを重視したモデルとなっている。32~128ビットのDDR2メモリインタフェースに対応し、AcceleRAMという技術により、少ない搭載メモリでも最適なパフォーマンスを得られる仕組みが提供されている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、ゲーム感覚でWALLET ポイントがたまる「auまちモニ」
[15:39 8/24] スマホとデジタル家電
坂上忍、高畑容疑者の24時間テレビ降板「自覚なかったじゃ済まされない」
[15:38 8/24] エンタメ
シックス・アパート、PHP 7&MySQL 5.7に対応した「Movable Type 6.3」
[15:38 8/24] 企業IT
【特別企画】富士通がプログラミング教室を開催した理由
[15:30 8/24] 企業IT
DTI SIM、月額基本料金を半年間980円引きにするキャンペーン
[15:26 8/24] スマホとデジタル家電