読みたいページだけを購入、Amazon.comが新サービスを計画

オンライン音楽ストアの登場で、音楽はCD単位ではなく、1曲単位で購入できるようになった。書籍でも同様に、消費者が必要なページやチャプターだけを購入できるようにするサービスを米Amazon.comが計画している。

このサービスは「Amazon Pages」と呼ばれており、Amazon.comは「"本を購入して、読む"という体験を解体する」と説明している。ユーザーは、必要なページやセクション、またはチャプターだけを購入して、オンラインで読む。同社の説明では、マーケティングについて調べているビジネスマンが、ビジネス書から関連するチャプターだけを購入するという例が挙げられている。米国では11月末の感謝祭に七面鳥を食べる慣習があるが、この時期に料理本から七面鳥料理のページだけを購入するというケースも考えられる。

同社はまた、「Amazon Upgrade」というサービスも計画している。これは本を購入したユーザーが同時にオンライン版にもアクセスできるようになる。たとえばプログラミングの本を購入した人が、会社などでその内容を参考にしたい時に、Webブラウザを使える環境ならば、どこからでも本の内容にアクセスできる。友達の家で「あの本のあのレシピを作りたい!」という時でも、すぐに呼び出せる。

どちらのサービスも同社が2年前から提供している書籍の本文検索サービス「Search Inside the Book」が土台になっている。「Amazon PagesとAmazon Upgradeは、Search Inside the Bookの技術を使って、本の購入や読書に、これまでにない柔軟性をもたらそうとしている」とAmazon.comの創設者であるJeff Bezos氏。またHoltzbrinck PublishersのJohn Sargent、CEOは「出版社や著作者が正当な利益を得られる形で、デジタル配信を活用した新しいビジネスモデルを探求することが、これからの出版コミュニティでは重要になる」とコメントしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事