Apple、RAW対応プロ向け写真編集ソフトウェア「Aperture」を発表

 

米Apple Computerは19日(現地時間)、オールインワンポストプロダクションツール「Aperture」を発表した。価格は499USドルで11月の発売。デジタルカメラのRAWデータをJPEGと同じように簡単に扱うことができる、という特徴をもつプロフォトグラファ向けのソフトウェア。

同社ではこれまで動画を扱うポストプロダクションツール「Final Cut Pro」をラインナップしていたが、Apertureは位置づけとして、静止画版Final Cut Proともいえるソフトウェア。同社の最新OSであるMac OS X 10.4 Tigerは標準でRAW画像の表示に対応、コンシューマ向けには同じくRAW対応のiPhotoもラインナップしていた。ApertureはiPhotoのライブラリ取り込みなど、連携機能も持つ。

Apertureの最大の特徴はデジタルカメラのRAWデータをJPEGと同じように簡単に扱うことができる点。同社は発表の中でApertureのRAWワークフローを「極めて高速」と表現しており、その処理速度にも特徴があるようだ。また、Compare and Selectツールやオリジナル画像を一切変更しない非破壊画像処理、カラーマネジメントされた印刷、カスタムウェブおよびブックパブリシングといった機能も備え、撮影画像の比較/選択からレタッチ、出力、配布まで制作の大半の行程をカバーすることができる。

Light Tableによる写真の整理機能

写真の管理機能

Apertureには、連続した写真を露出時間に基づいて管理しやすいStackに自動的にまとめる、撮影した全ての写真を複数のディスプレイ間に展開する、フルスクリーンのワークスペースで確認する、複数の画像をタイル状に並べて簡単かつ迅速に比較/選択する、拡大ツールLoupeで大きな画像ファイルをズームしたり移動させたりすることなく画像の一部だけを拡大して細部を確認するといった機能も搭載される。

さらに、Light Tableと呼ばれる機能が搭載され、写真のレイアウトをするためのキャンバスとして使用することができる。Light Tableでは写真のサイズ変更、積み重ねなどを自由に行うことができ、写真の整理などを行うことができる。

Apertureは、AppleScriptやAutomatorアクションにも対応、ワークフローを簡素化することができる。入力から出力までのフローはColorSyncプロファイルに対応したカラーマネジメントが施され、正確な色管理が可能。出力はPCにつながれたローカルプリントはもちろん、カラーマネジメントに対応したオンラインでのプリントに対応、製本された写真集の制作・注文も可能。

写真の編集機能

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[三浦友和]「コールドケース」日本版で吉田羊の“ボス”に 同僚役に永山絢斗、滝藤賢一、光石研
[05:00 7/25] エンタメ
羽鳥慎一が後輩・桝アナにクリーム砲で撃たれる!? 馬場典子もドッキリ餌食に
[04:00 7/25] エンタメ
[マジプリ阿部周平]東海発のアイドルがプロボクサー目指し「畑中ジム」入会 芸能活動と並行
[02:00 7/25] エンタメ
[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー