アップル、Power Mac G5とPowerBook G4を披露 - 新旧モデルの比較画像など

  [2005/10/20]

アップルコンピュータは20日、新モデルが発表された「Power Mac G5」と「PowerBook G4」の説明会を開催した。Power Mac G5ではPCI Express採用のアーキテクチャやグラフィックス関連の話題を中心に、PowerBook G4では従来モデルとの解像度や輝度の違いを中心に説明が行われた。また、Apple Cinema HD Displayの価格が改定されている。なお、同時に発表されたプロフェッショナル用途の写真編集ソフト「Aperture」は、日本での発売が未定ということだ。

Power Mac G5

過去のモデルも含んだPower Macシリーズのスペック概要

新モデルのスペック概要

Power Mac G5の最上位モデル「Power Mac G5 Quad」は、2.5GHzのデュアルコアPowerPC G5を2基搭載する。同機はS-ATA HDDを2基搭載可能で、最小構成では250GBのHDD(7,200rpm)を備え、最大では500GB×2の1TBまで拡張することが可能だ。

Power Mac G5 QuadのCPU性能概要

RAIDもサポートされており、500GB×2台の1TB構成でストライピングやミラーリングを行うことが可能

新モデルはPower Macシリーズとして初めてPCI Expressバスを搭載し、x16×1 / x8×1 / x4×2系統を装備、150Wまでのグラフィックプロセッサをサポートする。同社では、PCI Expressの搭載によってグラフィックス性能の向上を実現しただけでなく、各バスにグラフィックボードを取り付けることで最大8台のディスプレイ出力に対応するという。PCI Expressに取り付け可能なグラフィックボードとしては、グラフィック・ワークステーション向けのNVIDIA製「Quadro FX 4500」に対応。Quadro FX 4500は、512MBのGDDR3メモリにデュアルリンクポート×2系統、30inchのApple Cinema HD Displayを用いたデュアルディスプレイモードに対応する。また、ステレオ3Dポートも搭載しており、stereo-in-a-windowアプリケーション用ゴーグルで、科学分野の解析ソフトなどの3Dビジュアライゼーションを閲覧することが可能だ。そのほかのグラフィックスボートとしては、GeForce 7800 GTやGeForce 6600などを選択することができる。GeForce 6600は単体販売が行われ、PCI Expressに4台接続することで8台のディスプレイに出力することが可能となっている。

新モデルではPCI Express x16が採用された

NVIDIAのワークステーション向けグラフィックボード"Quadro FX 4500"

冷却機構は、Power Mac G5 Quadが水冷、Power Mac G5 Dualは空冷となっている。同社では、Air Mac ExtremeとBluetooth 2.0+EDRのサポートについて、購入後にユーザー自身が行うユニット追加を推奨していないため、同機能を利用したいユーザーにはCTOオプションを選択するよう勧めている。購入後の追加には、ジーニアスバーやサポートなどで対応するとのこと。また、新モデルでは、モデムポートが廃止されている。Power Mac G5 Dualは本日から発売され、Power Mac G5 Quadは11月上旬の発売予定。

Final Cut Pro 5.0.2のエンコードベンチマーク

Photoshop CS2(9.0)のベンチマーク


改定後のApple Cinema HD Displayの価格は、20inchモデル(1,680×1,050)が93,800円、23inchモデル(1,920×1,200)が149,800円、30inchモデル(2,560×1,600)が299,800円となり、30inchモデルがとうとう300,000円を切った。

Apple Cinema Displayの新価格

30inchモデルが1台

30inchモデルが2台

30inchモデルが4台

PowerBook G4

PowerBook G4の新モデルは、30inchモデルのApple Cinema HD DisplayとのデュアルリンクDVI接続に対応したほか、本体ディスプレイの高解像度化と高輝度化を実現した。

15inchモデルでは解像度が26%アップ(従来モデル比)

17inchモデルでは36%アップ(従来モデル比)

また、省電力化を推し進めることによって、バッテリー駆動時間が最大1時間ほど向上したという。同社によると、この省電力化はバッテリー容量の増加によって実現したものではなく、DDR2の採用など、ハードウェア/ソフトウェア両面に渡る最適化の結果だという。

説明会では、新モデルと従来モデルの解像度を比較デモなどが行われていた。

左が従来の17inchモデル、右が新17inchモデル(以下同様)

17inchの従来モデル。同社によると、本比較デモの従来モデルは長時間使用していたモデルであることから、輝度は参考程度に判断してほしいとのこと(15inchモデルも同様)

同新モデル


15inchモデルの比較

15inchの従来モデル(輝度は参考)

同新モデル

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

黒? ピンク?? 何色のブラジャーを一番多く持っているか女性に調査
[15:00 6/27] ヘルスケア
精神障害の労災請求が過去最多に
[14:50 6/27] マネー
5月のPC国内出荷台数は43万台、出荷金額は392億円
[14:48 6/27] パソコン
中山優馬、観客大学生の交際率低さに驚き!? 「世知がらい」
[14:02 6/27] エンタメ
キスマイ藤ヶ谷「このカップルはいい」“キス写真デート”を自撮り
[14:00 6/27] エンタメ