3GBのHDDを搭載する携帯電話「SPH-V7900」が発売! 最大3本の映画も保存再生

 

韓国のSamsung Electronicsは、3GBのHDDを標準搭載する携帯電話「SPH-V7900」を発売した。約US700ドルの価格にて、すでに韓国市場で入手可能となっている。

昨年発表された世界初の1.5GBのHDDを搭載するSPH-V5400

新たに発売された3GBのHDDを搭載するSPH-V7900

同社は昨年9月、釜山展示コンベンションセンター(BEXCO:Busan Exhibition and Conference Center)で開催された「ITU Telecom Asia 2004」において、世界で初めてHDDを標準搭載した携帯電話「SPH-V5400」を発表。SPH-V5400のHDD容量は1.5GBだったものの、新たに発売されたSPH-V7900は、その倍の3GBに容量アップされて、フルサイズの映画を2~3本、音楽ファイルなら700曲以上を保存再生可能とされている。

SPH-V7900は、CDMA 2000 1x EVDO通信方式に対応し、本体サイズは103×52×27.6mm、重量は165.3g。QVGA(320×240ピクセル)表示のTFTカラー液晶ディスプレイ、64和音のステレオ再生を実現するデュアルスピーカーが装備され、MPEG-4/H.264形式のビデオファイル、AAC/AAC+/MP3形式の音楽ファイルの再生が楽しめるという。音楽再生時には、音階・音程・音量などに応じて、ディスプレイ画面上に、美しく変化していくビジュアル画像が表示される機能も備わるようだ。また、光学2倍ズームやフラッシュを内蔵する200万画素カメラや、Microsoft Officeなどに対応したドキュメントビューアなどが搭載されているという。

同社Telecommunication Network Business部門の社長となるKitae Lee氏は「メモリ容量が大幅に増加することによって、携帯電話は、映画を見たり、音楽を聞いたりするマルチメディア製品のカギを握る存在となっていくだろう。今後も最新技術を採用した革新的な携帯電話を発表して、世界のハイエンド携帯電話市場をリードしていきたい」とコメントした。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「超☆汐留パラダイス」をアンバサダーアナが体験 - ガキ使バスは2台に増便
[08:00 7/24] エンタメ
山口宇部空港に初の国際線定期便就航 - 韓国・仁川線をエアソウルが週3便
[07:00 7/24] 趣味
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第57回 厚生年金、国民年金にはしっかり加入する!
[07:00 7/24] マネー
NEWS小山慶一郎、間違えたら粉まみれ!「本物」と「食品サンプル」を見極める
[06:00 7/24] エンタメ
“プリンス”山崎育三郎の私生活が明らかに『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/24] エンタメ