Mozilla、Firefox 1.5 Beta 2をリリース

Mozilla Foundationは7日(米国時間)、オープンソースのWebブラウザ「Firefox 1.5 Beta 2」をリリースした。現時点では、WindowsとLinux/x86、Mac OS Xに対応した3種類のバイナリパッケージ(いずれも英語版のみ)が配布されている。

Firefox 1.5 Beta 2では、自動アップデート機能に改良が加えられたほか、Webサイトのレンダリング性能が向上。Beta 1のリリース以降に発見されたセキュリティホールや、自動アップデート機能が正常に動作しないといった不具合も修正された。

Firefoxの開発チームは、Firefox 1.5 Beta 1のユーザに対し、自動アップデートが期待どおり機能することの確認を呼びかけている。自動アップデート機能でBeta 1からBeta 2へ更新した場合、ダウンロードされるファイルの容量は約700Kバイト。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事