バグトラッキングシステムBugzillaをデスクトップで - Deskzilla 1.0

ALM Worksは5日(現地時間)、 Deskzillaの最初のメジャーリリースとなるDeskzilla 1.0を公開した。Deskzilla 1.0はBugzillaバグトラッキングシステムのデスクトップアプリケーション。Deskzilla 1.0はBugzillaバグトラッキングシステムを使ううえで作業効率の向上や支援を行う様々な機能を提供する。

Webブラウザを経由してBugzillaバグトラッキングシステムを使う場合と違い、Deskzilla 1.0にはいくつもの支援機能や拡張機能が用意されている。たとえばWebブラウザを使う場合かならずオンラインである必要があるが、Deskzilla 1.0ではオフラインでの作業もできる。

Deskzilla 1.0の主な機能は次の通り。

  • オフライン作業機能
  • 階層構造をもったプロジェクト構造
  • さまざまな操作を可能にするためにネストしたクエリのサポート
  • イシューカウンターの即時反映
  • キャッシュとして動作するローカルデータベース
  • コメントビューのスレッド表示拡張

拡張機能として、Webブラウザと使った場合には表示されない各種ステータスの表示や、高度な検索機能などが用意されているほか、複数のBugzillaサーバを登録して包括的に扱うことができるという特徴もある。

Deskzilla 1.0は1ユーザライセンス料が99ドル。30日間の試用ライセンスはWebから取得することができる。5以上のライセンスについてはボリュームライセンスが適用される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事