上空を舞う気球より伸びるケーブルで、宇宙エレベータのテストに初成功!

湯木進悟  [2005/09/28]

米LiftPort Groupは、同社が独自に開発を進める、地球と宇宙空間を結ぶエレベーター「LiftPort Space Elevator」の、初の上空での昇降テストに成功したとの発表を行った。今秋中にも、次なるテストを実施して、さらに開発を進めていく方針が明らかにされている。

テスト運行に用いられたヘリウム気球

上空高くまで上げられたヘリウム気球

LiftPort Space Elevatorは、ロボットタイプのリフター「Robotic Lifter」を用いて、地球と宇宙空間を結ぶカーボン・ナノチューブ製のエレベーターケーブル上で、スムーズな昇降を可能にするとされており、第1号機では、太平洋上の赤道付近に建造される海上プラットフォームから、約62,000マイル(約10万キロメートル)上空の宇宙空間を目指すとのコンセプトが明らかにされている。完成時のRobotic Lifterには、1度に7人が乗車できるようで、1日に最大で5トンの資材を運搬する能力が備えられるという。

地上のテスト現場

Robotic Lifterが上空のヘリウム気球から伸びるケーブルで昇降中

すでに同社は、実際に上空でRobotic Lifter(プロトタイプ)のテスト運行を行うために必要な認可を、米連邦航空局(FAA: Federal Aviation Administration)より正式に取得したとされ、今月20日には、米国ワシントン州において、上空を飛ぶヘリウム気球と地上を結ぶケーブル上での初期テストに成功したという。当日は計3回のテストが繰り返されたようで、第1回目は高度150フィート(約45.7メートル)まで、第2回目は高度550フィート(約167.6メートル)まで、そして、第3回目には高度約1,000フィート(約304.8メートル)に達するレベルでの昇降テストが、無事に終了したとアナウンスされている。

同社のMichael Laine社長は「LiftPort Space Elevatorの開発において、今回のテスト成功で、歴史的にも重要な意義を帯びる大きな一歩を踏み出すことができたと思う」とコメントした。また、テスト運行に携わった同社のAlexander Fronzke氏は、空中でのRobotic Lifterのテストに初めて成功した瞬間について「まるで赤ちゃんが家の中で初めて歩く瞬間に立ち会うような気持ちだった」と振りかえっている。

次のテストでは、さらに高度を上げて、LiftPort Space Elevatorの研究開発プロジェクトを、引き続き前進させていく方針も発表されている。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】まだ"名物"で満足してるの? 札幌駅周辺の地元民絶賛ラーメン店3選
[06:30 6/1] 趣味
現在実施している節約術、人気1位はどんな技?
[06:30 6/1] マネー
貫地谷しほり「恋愛で悩んで涙」ドラマ『早子先生』感動シーンを語る
[06:00 6/1] エンタメ
「ドラクエⅢ」大魔王ゾーマを最も早く倒すのは誰なのか!?『ゲーム駅伝』
[06:00 6/1] エンタメ
間宮祥太朗「間違いなく告白しちゃう」映画『高台家の人々』で人の心を覗いた面白さとは?
[06:00 6/1] エンタメ

求人情報