3GB HDD搭載、MPEG-4/H.264/AAC/MP3再生にも対応のマルチメディア携帯登場

 

韓国Samsung電子は、3GBのHDDを内蔵した「SPH-V7900」(以下、V7900)を公開した。販売開始は10月初旬頃になるという。V7900は、3GBの内蔵HDDを活かせるようマルチメディア機能が強化されているのが特徴だ。

折りたたんだままでも、MP3の操作が可能だ

韓国国内2位のキャリアであるKTF用に販売予定である同機種では、KTFのEV-DOサービス「Fimm」によるVODおよびMODサービスを受けることができる。MPEG-4、H.264、AAC、AAC+、MP3と多様な方式のファイルを再生できる。音楽再生と同時にMP3 Caption機能により歌詞の表示も行えるほか、デュアルスピーカを内蔵しているため、より高音質で音楽を楽しむことができる。さらにV7900を閉じたままでもMP3の再生などが行えるようにするため、本体外部に再生や停止といったボタンを備えている。

カムコーダのようなスタイルで撮影ができる

動画や音楽以外には、Microsoft Office、PDF、JPG、TXTに対応したファイルビューアも搭載している。

ヒンジの部分に搭載されているカメラは、オートフォーカス機能を備えた光学2倍ズームの200万画素CCDカメラで、写真だけでなく動画の撮影も可能となっている。撮影の際は端末をカムコーダと同じスタイルで扱えるよう、本体上部が下部に対し垂直に曲がった状態で、液晶を手前に向けられるようになっている。これによりカメラに映る映像を確認しながらの撮影が可能となる。

撮影した画像は、2.2インチのカラーTFT LCDで確認することができる。またUSB2.0に対応しているので、HDDに保存されたデータをパソコンなどへ素早く行えるのが特徴だ。

ユーザインタフェースにも気が配られている。メニューは階層の深いところにある下位の部分までFlashを採用したイラストメニューとなっており、直感的で分かりやすい操作が可能となっている。また画面に表示される文字も、手で書いたような「手書き体」、かわいらしい「童話体」をはじめとした全10種類から選択できるなど、韓国ユーザ好みのデザインや機能を充実させている。

連続通話可能時間は約200分、連続待ち受け時間は約95~270時間となっている。カラーはダークグレーの一色で、大きさは103(H)×52(W)×26.6(D)mm、重さは165.3gとなる。販売予定は10月初旬頃となる予定で価格は未定だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

HPE、ミッションクリティカル用x86サーバ「Superdome X」の新製品
[11:08 8/31] 企業IT
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期ワールドプレミア上映会開催決定
[11:00 8/31] ホビー
櫻井VS有吉『ゼウス』第3弾放送決定! ジャニーズ軍に新たに3グループ参戦
[11:00 8/31] エンタメ
俳優・松岡広大が語る"役者としての自分" - 同世代が多いからこそ刺激を受ける
[11:00 8/31] エンタメ
ゴミ収集車による環境データ収集する慶應大×藤沢市の取り組み
[11:00 8/31] 企業IT