松下、Let'snote秋冬モデル発表 - CPU/HDD強化、バッテリ駆動時間は維持

 

松下電器産業は27日、モバイルノートPC「Let'snote」4シリーズの秋冬モデルを発表した。店頭発売は10月21日を予定。HDDのカスタマイズなども可能な同社の直販サイト「マイレッツ倶楽部」では、本日から予約受付を開始している。

全機種で共通して変更されたのは、5月16日に施行された「電波法施行規則の一部を改正する省令」に基づく、IEEE802.11a新チャネル(J52/W52/W53)対応の無線LANが搭載された点。

Let'snote R4「CF-R4HW4AXR」

Let'snoteの最軽量機種。HDDが40GBから60GBに強化された。

その他の仕様は、CPUに超低電圧版Pentium M 753(1.20GHz)、チップセットにIntel 915GMS Express、メモリに512MB(最大1GB)、画面にXGA対応の10.4型液晶を搭載。バッテリ駆動時間は約9時間。本体サイズは229x183.5x24.2~41.6(mm)、重量は約999g。店頭予想価格は20万円前後。

Let'snote T4「CF-T4HW4AXR」

シリーズの中で最長バッテリ駆動時間を誇る機種。HDDが40GBから60GBに強化された。

その他の仕様は、CPUに超低電圧版Pentium M 753(1.20GHz)、チップセットにIntel 915GMS Express、メモリに512MB(最大1GB)、画面にXGA対応の12.1型液晶を搭載。バッテリ駆動時間は約12時間。本体サイズは268x210.4x24.9~44.3(mm)、重量は約1260g。店頭予想価格は21万5千円前後。

また、Let'snote T4秋冬モデルのみの企画として、バッテリ駆動時間は短くなるが(約5時間駆動)、重量が約220g軽くなる軽量バッテリのモニターキャンペーンを店頭/直販サイトで行う予定となっている。

Let'snote W4「CF-W4HW8AXR」「CF-W4HW8HXR」

DVDスーパーマルチドライブ内蔵の2スピンドルノートPC。HDDが40GBから60GBに強化された。

その他の仕様は、CPUに超低電圧版Pentium M 753(1.20GHz)、チップセットにIntel 915GMS Express、メモリに512MB(最大1GB)、画面にXGA対応の12.1型液晶を搭載。バッテリ駆動時間は約8時間。本体サイズは268x210.4x24.9~44.3(mm)、重量は約1199g。店頭予想価格は24万5千円前後、Microsoft Office Personal Edition 2003プリインストールモデルが27万円前後。

Let'snote Y4「CF-Y4HW8AXR」

大画面搭載の2スピンドルノートPC。CPUが超低電圧版Pentium M 778(1.60GHz)に強化された。

その他の仕様は、チップセットにIntel 915GMS Express、メモリに512MB(最大1GB)、画面にSXGA+対応の14.1型液晶を搭載。光学式ドライブはDVDスーパーマルチドライブ、HDDは60GB、バッテリ駆動時間は約7時間となっている。本体サイズは309×243×33~46(mm)、重量は約1530g。店頭予想価格は26万5千円前後。

Let'snote Y4は、秋冬モデルからレーザー印刷キーボードとなり、印字の耐久性が向上した。これにより、全機種のキーボードがレーザー印刷キーボードとなった。

全てのシリーズにおいてCPUやHDDが強化されつつも、本体サイズや重量、バッテリ駆動時間が従来を維持した製品となっているのは、「技術的な向上もあるが、より省電力なHDDを全機種に搭載することができた事もその要因の1つ」(同社)としている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』、第1話のあらすじと先行場面カット公開
[01:54 7/2] ホビー
オリジナルアニメ『終末のイゼッタ』、10月放送開始! PV第二弾を公開
[01:34 7/2] ホビー
『サポルト! 木更津女子サポ応援記』、コミックス第1巻発売記念でPVを公開
[00:40 7/2] ホビー
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、ミニ朗読劇の第四章を公開
[00:06 7/2] ホビー
[なかよし]7月号が3年4カ月ぶり完売 「CCさくら」と付録が人気
[00:00 7/2] ホビー