エルザジャパン、「NVIDIA Quadro FX 4500」など最新の"Quadro" 2製品を発売

 

ハイエンドワークステーション向けグラフィックスボード「NVIDIA Quadro FX」シリーズの国内販売を行なうエルザジャパンは22日、「NVIDIA Quadro FX 4500」と「NVIDIA Quadro FX 3450」の2製品を新たに発売した。出荷時期は両製品とも10月初旬で、店頭での販売開始は10月上旬を予定。価格はオープンプライスだが、市場予想価格はNVIDIA Quadro FX 4500が298,000円前後、NVIDIA Quadro FX 3450が168,000円前後となる。

NVIDIA Quadro FX 4500

NVIDIA Quadro FX 3450

NIVIDIA Quadro FX 4500は、415MHzのクロックスピードで動作するGPUコアと、1050MHz動作で256bit接続、容量512MBのGDDR3をグラフィックスメモリとして搭載する。インタフェースはPCI Express x16。対応APIはOpenGL 2.0 / DirectX 9 / ShaderModel3.0となり、対応OSはMicrosoft Windows 2000 / XP / XP x64 Edition。

出力コネクタはDVI-Iを2基備え、それぞれがデジタル接続時の高解像度表示に対応するデュアルリンクをサポート、計2系統のデュアルリンクをサポートする。Apple Cinema HD Displayの30インチモデルなど、ディスプレイ側がデュアルリンクに対応したものであれば、デジタル接続で最大解像度2560x1600ドットでの2画面出力が可能とのこと。

NIVIDIA Quadro FX 3450は、現行モデルNIVIDIA Quadro FX 3400のインタフェースをPCI Express x16にネイティブ対応させ、パフォーマンスを向上を図った製品。こちらも対応APIはOpenGL 2.0 / DirectX 9 / ShaderModel3.0となり、対応OSはMicrosoft Windows 2000 / XP / XP x64 Edition。出力コネクタはDVI-Iを2基備え、デュアルリンクは1系統までの対応となる。

両製品ともRoHS指令に準拠。なお、製品には1年間のメーカー保証が付属する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事