キングソフト、総合セキュリティソフト100万本を無料提供し日本市場に参入

  [2005/09/15]

キングソフトは、総合セキュリティソフト「キングソフトインターネットセキュリティ 2006」を発表した。ファイアウォール機能や迷惑メール対策機能、スパイウェア駆除などに対応する。同ソフトの無料ダウンロード提供は既に始まっており、同社サイトからダウンロード可能だ。無料での利用期間は1年間で、2年目以降の継続利用は更新料として1年ごとに980円が必要。無料期間中も、メールによるサポートが提供される。また、プログラム本体の無料提供は100万本を超えた後も続けられるが、無料期間は6カ月となる。6カ月を超えて利用する場合は、更新料として1年ごとに980円が必要になる。

「キングソフトインターネットセキュリティ 2006」。パッケージの提供は現在検討中とのこと

「キングソフトインターネットセキュリティ 2006」は、迷惑メール防止機能やファイアウォール機能などを搭載する総合セキュリティソフトだ。ウイルス対策機能である「キングソフトアンチウイルス」は、1日に約3回配信されるアップデートファイルにより、最新のウイルスに対応するという。「キングソフトアンチスパイ」は、HDDやメモリ上のスパイウェアをスキャンすることや起動中のプロセスの管理を行うことが可能。

「キングソフトアンチウイルス」の画面

「キングソフトアンチスパイ」のプロセス管理画面


キングソフト代表取締役社長 広沢一郎氏

同社は、中国キングソフトと日本のマグノリアなどが設立したジョイントベンチャー。「キングソフトインターネットセキュリティ 2006」は、中国キングソフトが開発/販売する総合セキュリティソフト「金山毒覇」の日本語版で、中国国内では500万人のユーザーがいるという。同社によると、日本のセキュリティ対策ソフト市場がほぼ寡占状態であり、同市場への新規参入が困難な状況であるという認識を持っていることから、参入にあたって同ソフトの100万本無料提供キャンペーンを開始するとのこと。100万本のカウント方法は、ユーザーがプログラムをインストールした後、アップデートを行って初めて1本とカウントされる。会見で、同社の代表取締役社長である広沢一郎氏は、年内に100万本の提供を終えたいとしたうえで、更新するユーザーは3割程度を見込んでいるとコメントした。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】山田祥平のニュース羅針盤 第68回 「名刺の時代」は当分続く
[06:00 5/30] パソコン
中村隼人、タッキーの後輩役で民放ドラマ初レギュラー! 三角関係の中心に
[06:00 5/30] エンタメ
【レポート】立教大学理学部の超実践的3Dプリンタ活用法 - 理学教育で際立つ「モノの威力」と教員が授業に専念できる体制づくり
[06:00 5/30] テクノロジー
【連載】立ち食いそば散歩 第16回 立ち食いそば激戦区で特異な店! 「いか天きし」はボリューミーなモチモチ麺
[06:00 5/30] 趣味
武井咲、夏目雅子が演じた駒子先生を熱演「緊張感はものすごい…」
[05:00 5/30] エンタメ

特別企画 PR