組み込み可能な高速HTML表示コンポーネント - Massive 1.3

Platespillerは28日(現地時間)、Massiveの最新版となるMassive 1.3を公開した。MassiveはJavaで作成された簡易ウェブブラウザおよびHTMLコンポーネント。アプリケーションとしてもコンポーネントとしても使えるように作成されている。動作にはJ2SE 1.4.2かそれ以降のバージョンが必要。

前バージョンからの変更点は次の通り。

  • アンチエイリアシング表示のサポート
  • HTTPS/HTTPのベーシック認証のサポート
  • UIコネクションの大幅な書き換え
  • アプリケーションからブラウザコンポーネントの分離。コンポーネントのみを組み込んで使うことが可能
  • HTTPS/HTTPのベーシック認証のサポート
  • Mac OS Xビルド版の提供

図1・2にWindows XPでの実行例を示す。ただし、アンチエイリアシングの確認ができないため、FreeBSDで動作させアンチエイリアシングが動作している例も示す。

図.1 Massive 1.3 実行例 Windows XP - アンチエイリアシング無効

図.2 Massive 1.3 実行例 FreeBSD - アンチエイリアシング有効

JavaにはもともとHTMLドキュメントを表示するためのコンポーネントがJFS/Swingに同梱されている。Massiveはこうした組み込みのHTMLコンポーネントの代替として開発されたもので、動作が軽量・高速という特徴がある。MassiveはレイアウトエンジンにはJEditorPane HTMLDocumentを採用している。XHTMLの認識処理はストリームベースのコード変換処理を実装している。

特に組み込みが可能になった点が注目される。Massive 1.3に同梱されている組み込み版のデモ実行例を図3に示す。

図.3 Massive 1.3 実行例 組み込みのデモアプリケーション



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事