空豆のような新デザインのネットワークウォークマン - 3分充電・3時間再生

 

ソニーマーケティングは、空豆に似たラウンドシェイプを採用した新デザインのネットワークウォークマン「NW-E307」「NW-E305」を10月26日から発売する。手になじみやすく、片手で簡単に扱える操作性を実現した。E307が容量1GB、E305が容量512MBのフラッシュメモリを搭載、価格はともにオープンプライスだが、実売想定価格はそれぞれ20,000円前後、15,000円前後。

豆型のデザインを採用した新ネットワークウォークマン

E307/E305は、本体サイズ67.8(W)×24.1(H)×39.0(D)mm、45gと小型軽量で、中心部が山型になったラウンドシェイプの新デザインを採用。すでに海外では発表されており、その名称が「Walkman Bean」だったように、豆型のデザインが特徴だ。

ちょうど親指が位置する本体正面に集中コントロールキーを配置したことで、使いやすさに配慮した。ディスプレイとキー配置を左手用に切り替えることもできる。

操作性に配慮した独特のインタフェース。USB端子は上部から飛び出す

カバーをスライドさせることで自動的に飛び出すUSB端子を内蔵しており、ケーブルレスでPCと接続、楽曲の転送や充電が行える。約3分の充電で約3時間の再生が可能な急速充電にも対応。フル充電には約2時間必要で、連続再生時間は約50時間(ATRAC3 132kbps、パワーセーブモード ノーマル時)だ。

ディスプレイは有機ELで、アルバム名・アーティスト名・曲名などが表示される。時計/日付表示、季節ごとに変化する「フルーツ」表示、朝昼晩などで変化する風景別表示といった機能も備えた。

再生可能な楽曲はATRAC3plusで、MP3にも対応。付属の楽曲管理ソフト「SonicStage Ver3.2」で取り込んだMP3ファイルは、変換なしにそのまま転送して再生できる。ATRAC3は132kbps、ATRAC3plusは48~320kbps、MP3は32~320kbpsのビットレートに対応、各曲/アーティスト/アルバム/グループごとにリピート再生やシャッフルリピート再生などが行える。

そのほか、FMチューナーを内蔵、受信可能な周波数はFM76.0~90.0MHz/TV1~3ch。本体カラーはココナッツホワイト、トロピカルアイスブルー、コットンキャンディーピンクの3色。メーカー直販サイトのソニースタイル限定で、リコリッシュブラック(「NW-E307/B」容量1GB)も用意される。こちらの価格は19,000円。

ソニースタイル限定のリコリッシュブラック

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】12万円(税別)で手に入る15.6型スタイリッシュゲーミングノート - 「G-GEAR note N1563J-710/T」
[21:18 6/30] パソコン
綾野剛、ライジング・スター賞で初NY! 謙虚な英語スピーチに拍手喝采
[21:00 6/30] エンタメ
役員報酬、1億円超は211社414人 - 三菱電機が最多
[20:55 6/30] マネー
約8割が週に1回以上は実感している「スマホ老眼」の症状って?
[20:50 6/30] ヘルスケア
【連載特別企画】アナログとデジタルをつなぐワコムのデジタルノート「Bamboo Spark」 第3回 Bamboo Sparkを超活用する
[20:49 6/30] パソコン