ビーンズデザイン復活、ソニーが欧米で「Walkman Bean」を発表

 

Sonyは、米国および欧州で新型のフラッシュメモリプレイヤー「Walkman Bean」を発表した。

Beanシリーズは曲線を生かした豆型のデザインが特徴。手のひらにちょうど収まるサイズで、親指部分に配置されたジョグボタンを使って片手による操作が可能。パソコンとの接続用のUSB端子を内蔵しており、上部のカバーをスライドさせて開くとポップアップする。

ビーンズウオークマンを思い出させるデザイン

上部カバーをスライドさせるとUSB端子がポップアップ

1GBと512MBの2つのモデルがあり、どちらもFMチューナー、1行表示のOLEDディスプレイを装備する。リチウムイオン電池を内蔵し、バッテリ駆動時間は最大約50時間。3分の充電時間で約3時間の再生が可能になる超高速充電に対応している。

再生対応フォーマットはATRAC3plusとMP3。音楽ファイル管理ソフトとして「SonicStage 3.2」が付属する。

ボディカラーは4色

ボディカラーは、Licorice(ブラック)、Cotton Candy(ピンク)、Tropical Ice(ブルー)、Coconut(ホワイト)の4色が用意されている。米国のSonyStyleでの価格は、1GBモデルが179.95ドル、512MBモデルが129.95ドル。すでに予約受付が開始されている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー
シスコ、1万円台の無線LAN APなど、「Cisco Start」のラインナップを拡充
[15:40 9/28] 企業IT