ゲームボーイミクロの北米での発売日は9月17日、価格は99.99ドル

 

米Nintendo of Americaは8月17日(現地時間)、最新の超小型携帯ゲーム機「Game Boy Micro(ゲームボーイミクロ)」の発売日と価格を発表した。北米での発売日は新学期シーズンにあたる9月17日で、メーカー希望小売価格は99.99ドルとなっている。本体色はシルバーと黒の2種類が用意され、取り外し可能な3種類のフェイスプレートも提供される。一方で任天堂本社では日本での販売についての情報を公開しておらず、現時点で国内での発売日と価格についての情報は不明だ。

E3で公開されたGame Boy Micro

Game Boy Microは、5月中旬に米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された総合ゲーム展示会「E3」で初めて公開された。Game Boy Advance互換ながら、4×2インチ(約10×5センチ)の大きさに、0.7インチ(約1.78センチ)の厚み、2.8オンス(約79.4グラム)の重さという超小型の筐体を採用している。Game Boy Advanceのソフトがすべてそのまま利用可能で、2インチの小型液晶でゲームを楽しむことが可能だ。

またNintendo of Americaは前日の16日、北米でのNintendo DSの価格引き下げも発表している。同社によれば、21日以降に従来まで149.99ドルだったメーカー希望小売価格を129.99ドルに引き下げ、さらに日本で一大ブームを引き起こした「Nintendogs」を22日より提供し、北米での販売を一気に加速する計画だ。

調査会社の米NPD Groupが7月28日(現地時間)に発表した最新の調査報告によれば、2005年前半(1-6月期)の米国でのゲーム機、ソフトウェア、関連アクセサリの販売額は21%上昇し、41億ドル規模の市場になったという。特に好調なのが携帯ゲーム機の販売で、前年同期比で181%の伸びとなった。昨年春のNintendo DS発表に加え、ソニーのPSPの販売が開始された効果によるものだ。この携帯ゲーム機市場にGame Boy Microが新たに参戦することで、北米での販売レースはさらに面白いものとなるだろう。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

江ノ電「ゴマちゃん号」8月運行 - 『少年アシベ』の特別企画「湘南アシベ」
[23:35 7/28] ホビー
小田急電鉄、いきものがかり野外ライブ会場の最寄り駅へ特別列車を直通運転
[23:24 7/28] ホビー
[トータルテンボス・藤田&千原せいじ]出版イベントで“又吉超え”宣言
[23:22 7/28] エンタメ
JRグループ、お盆の予約状況はおおむね好調 - 北海道新幹線は前年比261.8%
[23:16 7/28] ホビー
サトルワタシハイマモアナタガスキデス「真悟」Tシャツなど楳図グッズに新作
[22:06 7/28] ホビー